レクサス「LC500コンバーチブル」今夏発売 ラグジュアリーな特設サイト公開

約6年ぶりにオープンモデルを復活させるレクサス。2020年夏に発売予定の「LC500コンバーチブル」の魅力を発信する特設サイトを公開しました。

よりラグジュアリーに! LC500コンバーチブル発売へ

 レクサスは、「LC500コンバーチブル」の発売を2020年夏に予定しています。今回、発売に先立って特設サイトが公開されました。

2020年夏発売予定のレクサス新型「LC500コンバーチブルモデル」
2020年夏発売予定のレクサス新型「LC500コンバーチブルモデル」

 LC500コンバーチブルは、2019年11月に開催されたロサンゼルスモーターショーで世界初公開。「ISコンバーチブル」が2014年に生産が終了されて以来、レクサスはオープンモデルをラインナップしていませんでしたが、6年ぶりにレクサスにオープンモデルが加わることになります。

 このモデルは、「LC」の優れた空力性能や慣性諸元(重量のあるパーツの配置で決定する重量配分や慣性モーメント)など、機能美を追求したデザインをコンバーチブルモデルでも実現しました。

 デザインは、ソフトトップルーフと専用のパッケージの採用により、流麗なシルエットとコンバーチブルならではの軽快な印象とし、リアはトランクの後端を跳ね上げるとともに横幅を広げることで、ダイナミックなサイドビューとワイド&ローなリアビューとしています。

 また、ソフトトップ格納時でも美しいシルエットを実現するため、トノカバー付きのフォールディング機構を採用。ドアエンドのベルトラインをキックアップさせることで、キャビンを包み込む適度なタイト感と新しいシルエットなど、LCの特徴を活かしながら、コンバーチブルとしての個性が際立つデザインです。

 ルーフの開閉スピードはクラストップレベルを実現。オープンが15秒、クローズが16秒となり、走行時でも時速50キロ以下であれば開閉可能で、開閉作動中はメーター内のアニメーションで作動状況が確認できます。

 パワートレインはLCと同じ5リッターV型8気筒自然吸気エンジンと10速ATの組み合わせ、伸び感のあるリニアな加速を追求しました。

※ ※ ※

 公開された特設サイトでは、LC500コンバーチブルのあるライフスタイルをイメージした動画や画像、全11色のカラーバリエーションを展開。

 さらには、チーフエンジニアの武藤康史氏がLC500コンバーチブルの魅力について語っています。

レクサス LCの詳細を見る

【画像】ガチ豪華! 「LC500コンバーチブル」がヤバい(49枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント