名前の由来が「拍車」だったベントレー「フライングスパー」に、2020年さらに拍車がかかる!

「ミュルザンヌ」が長い歴史に幕を閉じたことを受け、ついにベントレーのフラッグシップとなった「フライングスパー」は、どのような歴史をたどったモデルなのだろうか。初代フライングスパーから一気にその歴史を辿ってみよう。

「H.J.マリナー社」の重役一族が代々使ったエンブレムこそが、「フライングスパー」だった

 2020年に日本国内でも本格的にリリースされることになったベントレーの新型「フライングスパー」。この、いかにもベントレーらしい勇猛でカッコ良い名称である「フライングスパー」の由来をご存じだろうか。

2013年から発売された先代となるベントレー「コンチネンタル・フライングスパー」
2013年から発売された先代となるベントレー「コンチネンタル・フライングスパー」

 フライングスパーの名を持つベントレーが初めて登場したのは、今から60余年も遡る1957年の秋にまで遡る。

 量産型の「Sタイプ・サルーン」と同じ1955年春から正式リリースされることになった、コーチビルダー用スポーツシャシ「Sタイプ(S1)コンチネンタル」のためにデザインされたH.J.マリナー製4ドア・スポーツサルーンが、その起源とされている。

 フライングスパーとは、英語から直訳すれば「空飛ぶ拍車」を意味する。これは、ロールス・ロイス/ベントレーとは深い関わりを持つ「H.J.マリナー社」にてセールス担当重役を務めるとともに、デザインワークにも携わっていたアーサー・ジョンストーンの一族が代々使用してきたエンブレムだ。

 乗馬に使用する「拍車」の左右に翼をあしらった、古風な紋章に因んで名づけられたものとの伝承が残っている。

 そして「H.J.マリナー」とは、馬車用ボディを製作する工房として1854年に創立した名門コーチビルダーの屋号である。現代ではベントレーの一部門としてその名を残し、最新型ベントレー各モデルに設定されたスペシャルオーダープログラムの名称となっている。

 さらに近年では、スペシャルモデルの独立したブランドとして、今なおベントレーのスペシャル性を代表するビッグネームなのだが、当時はれっきとした独立資本のコーチビルダーだった。

 しかし、その高い技術力が買われて、R-R/ベントレーが自社内でデザインした試作車や少量生産車の製作も任されていたのだ。

 H.J.マリナーがその名を世界に轟かせる契機となったモデルは、ベントレーが1952年に登場させた「Rタイプ・コンチネンタル」にほかならない。同社が手掛けた2ドア・スポーツサルーンは、サルーンとは名ばかりで実際は華麗極まるクーペだった。

「プレーンバック」と呼ばれた、流れるようなリアスタイルと豊満なボディライン、そして自動車美の極致のごとき素晴らしいプロポーションは、現代の「コンチネンタルGT」クーペ三世代にも多大なる影響を与えた、時代を超えたベントレーのアイコンとして認知されている。

 そして1955年。ベントレーの量産スティール・サルーンがRタイプからSタイプへと進化を遂げたのちもスポーティモデルは当然ながら継承され、ほぼ時を同じくして「Sタイプ(S1)コンチネンタル」が誕生した。

 S1コンチネンタルのパワーユニットは、スタンダードSタイプと共用となる直列6気筒Fヘッド4887cc。圧縮比を上げることによって若干のパワーアップは施されているものの、シャシはSタイプ・サルーンと共通だ。

 しかし、軽量なアルミボディとハイギアード化されたファイナルとの相乗効果で、空気抵抗の少ないボディが架装されたクルマであれば200km/h近い最高速度に達成したといわれるコンチネンタルは、当時としては高性能グランドツアラー、つまり「GT」と呼ぶに相応しいクルマだった。

 またRタイプ・コンチネンタルでは、一部の例外を除いた大部分(総生産208台中の193台)にH.J.マリナー製プレーンバッククーペが架装されたが、「Sタイプ・コンチネンタル」の時代になると、Rタイプのそれを若干モダナイズし、前後フェンダーのスロープを水平に伸びる形状としたH.J.マリナー製プレーンバッククーペのほかに、ノッチバックスタイルのパーク・ウォード製スポーツクーペ&ドロップヘッド・クーペなど、ボディのバラエティが格段に増えた。

 そして4ドアながらスタイリッシュなクーペスタイルを持つH.J.マリナー製「フライングスパー」も、この段階で初めて製作されることになったのだ。

 Sタイプ(S1)コンチネンタル・フライングスパーのボディは、H.J.マリナーが1956年頃からS1コンチネンタルのシャシを用いて実験的に製作し、「S2コンチネンタル」では事実上の制式ボディとなった2ドア・スポーツサルーン(クーペ)を、ほぼそのままのスタイルで4ドア化したものといって良いだろう。

 現代に隆盛を極めている「4ドアクーペ」の先駆けともいうべき秀逸なデザインを担当したのは、Rタイプ・コンチネンタルでその名声を決定的なものとしたR-R社の主任デザイナー、ジョン・ブラッチリー氏といわれている。

 もちろん2ドアクーペと同様、ボディはすべて手叩きのアルミパネルによるハンドメイドで、インテリアのマテリアル(ウッド・キャッピングやレザーハイドの質)や施された儀装のレベルも、標準型Sタイプ・サルーンのそれを遥かに上回るものとされていた。

 また、コンチネンタルは少量生産であることも相まって、販売価格は当時の標準型Sタイプ・サルーンと比較して実に約5割増しとなる超高級車だった。特にフライングスパーは、同時代のベントレー・コンチネンタルのなかでも、もっとも高価なボディとして君臨することになったのである。

【画像】ベントレーの歴代フライングスパーを写真でチェックする!(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント