新型「ハリアー」にそっくり!? トヨタ新型「ヴェンザ」発表 2020年夏発売

北米トヨタは、2020年夏発売予定の新型クロスオーバーSUV「ヴェンザ」を初公開しました。新型ヴェンザとは、どのようなモデルなのでしょうか。

日本専売だったハリアーは4代目からグローバルモデルへ進化

 北米トヨタは、新型クロスオーバーSUV「ヴェンザ(Venza)2021年モデル」を初公開しました。

 新型ヴェンザは、日本で2020年6月17日に発売される新型「ハリアー」とよく似ていますが、どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ・ハリアー の中古車をさがす

北米で2020年夏に発売予定のトヨタ新型「ヴェンザ」
北米で2020年夏に発売予定のトヨタ新型「ヴェンザ」

 トヨタは、2020年4月に開催する予定だったニューヨークオートショー2020で、新型クロスオーバーSUVを世界初公開することになっていたのですが、新型コロナウイルス感染拡大により同モーターショーは中止となっていました。

 そのとき登場する予定だったのが、今回公開された新型ヴェンザだったのです。

 新型ヴェンザの外観デザインは、クーペのようなエレガントなスタイルです。シャープな形状のヘッドランプや二重のL字型に発光するデイタイムランニングランプでスタイリッシュな印象です。

 リアのデザインは、絞り込まれたクーペキャビンと、左右に張り出したホイールハウスとの組み合わせが逞しさを演出するとともに、横一文字に光るテールランプとハイマウントストップランプが先進的な表情を与えています。

 室内は、上品なシルバー加飾やレザー調の素材が採用され、上質感を演出。また、2列シートで、5人が乗るのに十分なスペースを確保しています。

 さらに新型ヴェンザには、トヨタ初のパノラマガラスルーフが装備されました。ON/OFFボタンを押すだけで、1秒以内に透明モードからすりガラスモードに切り替えることができ、すりガラスモードでは車内を明るく保ちながら直射日光を軽減し、開放感のあるキャビンを実現します。

 新型ヴェンザのパワートレインは、高効率の2.5リッターエンジンと3つの電気モーターを組み合わせたハイブリッド方式です。

 最高出力システム合計で219hpを発揮、低速トルクを電気モーターがアシストすることで加速感と応答性が向上するとともに、静かな加速を実現しました。

 走行モードは、ノーマル、エコ、スポーツに加え、EVも用意。低速時には電気だけで走行することも可能です。

 新型ヴェンザはプラットフォームにTNGA-Kを採用し、高剛性を実現しました。これによりフロントストラットとリアマルチリンクサスペンションのチューニングが可能になり、しなやかで静かな乗り心地と俊敏なハンドリング性能を両立させています。

 ハンドリングは、アクティブコーナリングアシスト(ACA)を備えた電子制御ブレーキシステムによって強化され、コーナリングでのアンダーステアを減らします。

 また、ハイブリッドシステムには、発進時やコーナリング時の加減速の制御性を向上させるデファレンシャルトルクプリロード機能を採用。高速走行時のステアリング性能や直進安定性、悪路でのコントロール性が向上しました。

 さらに、新型ヴェンザには予測効率ドライブ(PED)が搭載されており、ナビゲーションシステムの操作を利用して運転習慣を分析し、道路や交通状況を記録してハイブリッドのバッテリー充電を最適化します。

 ドライバーがPEDを選択すると、システムはルートを繰り返し学習。車両が減速や停止する時間と場所を予測し、アクセルペダルを放すタイミングを知らせることで、エネルギー消費を削減できるというものです。

 駆動方式は4WDのみとし、ハイブリッドパワートレインを活かした高効率システム「エレクトロニック・オンデマンド・オール・ホイール・ドライブ」を標準装備します。

 エレクトロニック・オンデマンドAWDは、後輪にトランスファーケースとドライブシャフトを使用する代わりに、後輪に独立した電気モーターを使用し、必要に応じて動力を供給。トルク配分は、定速走行時の100:0から滑りやすい路面での20:80まで、状況に応じて変化します。

 安全装備として、「トヨタセーフティセンス2.0」を装備しています。昼間/低照度車両と歩行者検知、および昼間の自転車検知(PCS)を備えた衝突前システム、フルスピードレンジダイナミックレーダークルーズコントロール(DRCC)、ステアリングアシスト付き車線逸脱警報(LDA w/SA)、自動ハイビーム(AHB)、レーントレースアシスト(LTA)道路標識アシスト(RSA)などが含まれます。

※ ※ ※

 ニューヨークオートショー2020において新型ヴェンザの初公開が予告されたとき、北米の自動車メディアでは「2017年に生産終了したヴェンザ(北米専売)の生まれ変わり」と報じられていました。

 3代目ハリアーは日本専売車でしたが、4代目となる新型モデルは世界で販売されるグローバルモデルになります。

 日本ではひと足先に新型ハリアーが発売されてますが、新型ヴェンザは北米で2020年夏頃に発売予定です。

【画像】北米版ハリアー登場! その名は新型「ヴェンザ」!(37枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. ハリアーも輸出される。元はアメリカがレクサスRXで日本はハリアーしかし
    日本専用のハリアー 北米でも売れるんでしょう!私も欲しいです!

  2. なんか便座って脳内変換されて吹きそうです・・

    • マイナーチェンジ後は
      便座エース!

  3. TENGA搭載の便座って興味津々です。