トヨタが医療従事者の二次感染リスクを低減! ストレッチャー取り付け式簡易アイソレーター「e capsule」登場

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、ストレッチャー取り付け式簡易アイソレーター「e capsule」を2020年6月1日に発売すると発表しました。

既存品にない価値を提供

 トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは2020年6月1日、医療従事者の二次感染リスク低減する、ストレッチャー取り付け式簡易アイソレーター「e capsule」を発売します。

ストレッチャーで運ばれるイメージ
ストレッチャーで運ばれるイメージ

 e capsuleは、より高い集塵性能を有する「ULPAフィルター」を採用。換気装置への電源供給は入手性の高い乾電池式で、患者を車両に収容した後は、AC100V/DC12Vにて運用可能です。

 手持ちのストレッチャーへ簡単に取り付けることができ、感染者を収容するビニールカバーを単回使用とすることで、新型コロナウイルスを含む感染症の二次感染リスクを低減します。

 また、国内生産にこだわることで、世界的な生産、物流停滞に左右されにくく、安定した供給が可能です。

【画像】医療従事者への二次感染リスクを低減する「e capsule」のイメージを画像で見る(5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. かえって表面につくウイルス処理が面倒じゃないの?