コロナ禍の影響まだ受けず? トヨタ「カローラ」販売増 欧州市場の動向

終息の見込みが見えない新型コロナウイルス。日本でも連日のように関連ニュースが報道され、経済的な影響も計り知れません。そんななか、自動車産業の調査会社であるJATOは、欧州自動車市場の2月時点での販売動向を公表しました。欧州では壊滅的な打撃を受けていますが、2月時点ではどうだったのでしょうか。

2月時点で、新型コロナウイルスの影響はまだ無かった!?

 新型コロナウイルスが猛威を奮っており、日本でも日に日に感染者数が増加しています。欧州の各国ではそれ以上にさまざまな影響を受けているなか、自動車産業の世界的な調査会社であるJATOは、欧州自動車市場の2020年2月時点での販売動向を公表しました。

欧州市場で好調なトヨタ「カローラ」(画像は日本仕様のカローラツーリング)
欧州市場で好調なトヨタ「カローラ」(画像は日本仕様のカローラツーリング)

 JATOは、1984年に英国・ロンドンで創業した自動車産業の調査会社で、世界50か国以上でさまざまな)を自動車関連の情報を提供しています。

 今回、そのなかで欧州新車市場の動向を公表。欧州では、販売台数の下降が続いており、JATOのデータによれば、当月の販売台数は106万3264台でした。

 これは、2019年2月の114万3852台から7%減少し、95万5113台を販売した2015年2月以来で、もっとも少ない2月度の台数となりました。

 なお、前年同月比で7.6%減となった1月とも重なり、2020年の最初の2か月間で累計219万4706台が販売されましたが、すでに7.3%ものマイナスとなります。

 2月の販売台数で増加したのは、BMW「1シリーズ/3シリーズ」、フィアット「500」、ボルボ「XC40」などで、国産メーカーでは、直近で発表され1万3600台を販売したトヨタ「カローラ」やマツダ「CX-30」の4600台が際立った形となりました。

 JATOのグローバルアナリストであるFelipe・Munoz氏は、この状況を次のように話します。

「複合的な規制、認証を受けた車両が不足していること、経済にのしかかる重圧が増大していることを受けて、欧州での状況は急速に悪化している。これらの要因は、消費者信頼感へも有害な影響を与えているのだ」

※ ※ ※

 なお、新型コロナウイルスの影響は、2020年2月29日の段階で、まだ欧州の自動車市場へ影響していないことがJATOのデータから判明しており、6カ国のみ販売台数が増加しているものの、2月全体の4%すぎない結果でした。

【画像】なぜカローラは好調? よーく画像で見る!(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント