爆売れライズ、RAV4に続いて… トヨタ「ラッシュ」 日本未発売のイケてるヤツ!

日本ではコンパクトSUVが人気です。数多くのSUVが販売されていますが、なかでもトヨタ「ライズ」は爆売れといえるほど好調です。かつてトヨタには、「ラッシュ」という同サイズのSUVがあり、現在でもインドネシアなどで販売されています。現行ラッシュは、どのようなモデルなのでしょうか。

ラッシュがカッコ良いオフロード車として生き残っていた…

 かつて日本市場には、ダイハツ「ビーゴ」のOEMとしてトヨタ「ラッシュ」が存在しました。現在、人気急上昇の「ライズ(ダイハツ・ロッキーのOEM)」に似たサイズ感のコンパクトSUVですが、現在でもラッシュを販売している国があるといいます。

インドネシアなどで販売されている現行ラッシュ
インドネシアなどで販売されている現行ラッシュ

 2006年から2016年まで日本で販売されていたラッシュは、ベストコンパクトSUVを目指した「タフ&カジュアル スポーツ・ユーティリティ・ワゴン」をテーマに開発されました。

 SUVの「楽しさ・走破性」と、コンパクト2BOXの「気軽さ・使い勝手」、ワゴンの「うれしさ・機能性」を高い次元で融合させたモデルで、「自分らしさを大切にする若年男女」の行動範囲を広げるクルマとして登場。

 ボディサイズは、全長3995mm×全幅1695mm×全高1705mm。パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジンを搭載し、2WD/4WD、4速AT/5速MTをそれぞれ設定されていました。

 日本市場から姿を消した後、インドネシアをはじめとした東南アジアで2代目モデルが2018年から販売。標準モデル以外に、TRDパーツを装着したモデルも設定されています。

 外観デザインは、LEDヘッドライトやLEDリアコンビネーションライト、クロームグリルが全車標準装備。TRDモデルでは、フロントアンダーガードやサイドモールディング、リアアンダーガード、スマートキー、17インチアルミホイールを採用。

 内装や安全快適装備では、全車でチルトステアリング、プッシュスタート/ストップボタン、リアパーキングカメラ、VSC、ABS、ヒルスタートアシストなどが付いています。

 TRDモデル用には、肌触りの良いタッチダッシュボード、オーディオモニター、コンビネーションメーター、オートエアコン、電源ソケット、8つのサラウンドスピーカーが追加しています。 

 ボディサイズは、全長4435mm×全幅1695mm×全高1705mm。パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジンを搭載し、4速AT/5速MTを設定。

 2代目ラッシュの価格は、標準モデルが約172万1700円から約180万4400円。TRDモデルは約181万4000円から約188万2700円です。

※ ※ ※

 トヨタの日本でのSUVには、ライズ、C-HR、RAV4、ハリアー、ランドクルーザープラド、ランドクルーザーなどがラインナップされていおり、サイズ感的にライズやC-HRと近しい存在となり、日本での発売は難しいようです。

 しかし、TRDモデルのような近年流行りかけているオフロード風SUVであれば、日本でもある程度の販売台数が見込めるかもしれず、限定販売などで日本に来ることを期待せずにいられません。

トヨタ ライズの詳細を見る

【画像】日本で発売なら爆売れ! ラッシュを見る!(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント