「まさかのピンチ!」 渋滞中にガス欠… 高速道路でどう対処する?

ガス欠によりクルマが故障する?

 高速道路でガソリン切れを起こさないことは、運転手にとって遵守すべきルールです。そのためにも、高速道路を運転するときには、まずガソリン残量に余裕があるかどうかを確認しましょう。

 最近ではハイブリッド車などの燃費の優れたクルマが増えてきたことにより、「まだガソリンを入れなくても大丈夫」とギリギリまで給油を我慢してしまう人もいるようです。

高速道路上で止まった場合は、発煙筒を使用しましょう!
高速道路上で止まった場合は、発煙筒を使用しましょう!

 しかし高速道路ではガソリンスタンド間の距離が100km以上離れている区間もあり、次にいつ給油できるかわかりません。

 自分のクルマは「燃費がいいから大丈夫」と思っていても、予期しない渋滞時に遭遇すれば燃費が想像以上に悪くなることもあります。頻繁なストップ&ゴーやノロノロ運転になると、平均走行速度が極端に下がり、燃費が著しく悪化してしまうのです。

 また、ガソリン切れによってクルマにダメージを及ぼすこともあるようです。ある中古車販売店のスタッフは、ガソリン切れがクルマに及ぼす影響について、以下のように話します。

「ガス欠を起こしてしまうと、クルマによっては燃料ポンプなど、ガソリンをエンジンに送る部品が壊れてしまう可能性もあります。その場合、ガソリンを入れてもエンジンが動かなくなってしまい、修理工場へレッカー車で移動しなければならなくなります。

 もしも連休や行楽地への旅行の最中にトラブルでエンジンがかからなくなれば、自宅や駐車場までレッカー移動することになります。

 保険でロードサービスがあれば安心ですが、そうした特約がなければ自費でクルマを移動することになり、費用も馬鹿になりません。

 ガソリンをギリギリまで入れずに我慢するのではなく、『クルマを壊さないためにもガソリンを入れておく』ことを心がけた方が良いでしょう」

【画像】さくっと見れる!ガス欠時のトラブル対策を見る!(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 北関東自動車道の場合、笠間と横川パーキングの間に太田強戸パーキングがあり、そこで給油できるのではないでしょうか?ガソリンスタンドの無い空白期間解消の為にスタンドが設置されたのではないかと思いますが、ご確認願います。

    • このたびはご指摘いただき、誠にありがとうございます。
      一部修正いたしました。

  2. 北関東道、太田強戸PAが開業し、セルフのスタンドが東西両方面にできました。安心です。

    • このたびはご指摘いただき、誠にありがとうございます。
      一部修正いたしました。