「プリウス」並に爆売れ!? 4年で50万台超えも… スズキのSUVが成功した理由

2019年の登録車販売台数では、トヨタ「プリウス」が1位に輝きました。そして、現在ではトヨタ「ライズ」が破竹の勢いで売れています。そんななか、スズキのSUVにはプリウス並に売れ、ライズと競合するSUVモデルが存在するといいます。どのようなモデルなのでしょうか。

プリウス並に売れているスズキのSUVってどんなクルマ?

 スズキには、2019年にもっとも売れた登録車のトヨタ「プリウス」並に好調なSUVがあるといいます。どのようなクルマなのでしょうか。

インドでマイナーチェンジが発表されたスズキ「ビターラ ブレッツァ」
インドでマイナーチェンジが発表されたスズキ「ビターラ ブレッツァ」

 スズキが国内販売しているSUV「エスクード」は、欧州市場で「ビターラ」という車名で販売されています。そして、インド市場では「ビターラ ブレッツァ」というSUVが存在します。

 この、ビターラ ブレッツァはエスクードとは違うインド専用車です。このモデルは、スズキにとってきわめて重要な存在となり、デビューから4年弱で累計50万台以上を販売した大ヒット車となります。1年で約12万5000台も販売している計算となります。

 2019年のプリウスは、国内で12万5587台を記録していることから、ビターラ ブレッツァはプリウスと同じほど売れている人気車だといえるのです。

 さらに、インドのコンパクトSUV市場に占めるシェアはなんと44.1%(2019年春時点)。つまり10台のうち4台以上がこのビターラ ブレッツァなのです。

 日本のSUV市場ではトヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」が爆売れ中ですが、同様にインドでは驚異的な人気がこのビターラ ブレッツァに集中しているということになります。

しかも、その状態がデビュー直後だけではなく、登場から約4年が経過した今も継続しているのです。

 パワートレインは1.5リッターの自然吸気ガソリンエンジン。トランスミッションは5速MTと4速ATが設定されていて、後者はマイルドハイブリッドを組み合わせています。

 実は、ライズ/ロッキーとこのビターラ ブレッツァにはふたつの共通点があります。

ひとつは車体サイズで、どちらも全長3995mmと4mを切るコンパクトさとなり、全幅はライズ/ロッキーの1695mmに対してビターラ ブレッツァは1790mmとワイドですが、これは日本とインドのニーズの違いといえるでしょう。

 もうひとつは、いずれもドメスティックな商品だということ。ライズ/ロッキーは日本市場だけを見て開発されたモデルで、開発と製造をおこなうダイハツの広報部は「現時点では日本専用車で海外展開の予定はありません」と説明します。

 同様にビターラ ブレッツァもインド市場専用モデルで、スズキは「現地の嗜好やニーズをしっかりと汲み取り、現地法人であるマルチスズキがデザインや設計を主導し、日本側とも協力しながら開発しました」といいます。

 販売する国を1か国に絞り、その国のユーザーが好む要素をしっかりと反映したことが両者に共通する大ヒットの大きな要因といえるでしょう。

【画像】逆襲のスズキ! ライズへの刺客「ビターラ ブレッツァ」を見る!(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント