エンツォ・フェラーリが愛したレストラン「キャバリーノ」はどんな味?

フェラーリの創設者エンツォが愛したレストランには、どのようなメニューがあるのだろうか。初めて訪れた人に、色んな料理を楽しむためのオーダーの仕方を伝授。

フェラーリの跳ね馬の紋章を使うことを許されたリストランテ

 フェラーリのお膝元であるマラネッロは、近年は観光地として、十分に楽しめる街として成長している。フェラーリのレンタカーやミュージアムなど、体感して、見て、学んでフェラーリを満喫できる観光地、それがマラネッロだ。

 しかし、腹が減ってはなんとか、というやつで、食事はだれでも気になるところだろう。そこで、とりあえず行っておかなければならないリストランテ(レストラン)をひとつご紹介しよう。

エンツォが愛したリストランテ「キャバリーノ」
エンツォが愛したリストランテ「キャバリーノ」

 フェラーリの旧正門前にむかしからあるリストランテ「キャバリーノ」は、フェラーリの創設者エンツォも、職務のかたわらこのキャバリーノの食事をとっていたことでも有名だ。そのため、エンツォの写真が店内のいたるところに飾られている。

 フェラーリオーナーにとっては、キャバリーノはエンツォが食べていた料理を味わえるということで、マラネッロに訪れた際に必ず立ち寄る聖地のような存在である。店内への入口には、世界各国のフェラーリクラブのステッカーが貼られていることでも、そのことをうかがい知ることができる。

 レジの後ろもフェラーリのグッズや、キャバリーノを訪れたフェラーリ関係者の写真などがズラリと飾られている。

 店内の雰囲気は、イタリアのどこにでもありそうなクラシカルなリストランテといった風情。ここで供される食事はもちろんイタリアンだ。モデナあたりの伝統的なイタリアンといったところだろうか。洗練されたスタイリッシュな料理ではないが、これがモデナ地方の伝統料理というわけだ。

フェラーリの本物のエンジン、そしてモンテゼーモロとラウダと一緒に撮影されたエンツォの写真パネル
フェラーリの本物のエンジン、そしてモンテゼーモロとラウダと一緒に撮影されたエンツォの写真パネル

 日本人にはちょっとボリュームは多めだ。事前に料理を頼むときに、どれくらいの量なのかを確認して、無理だと感じたらあらかじめ減らしてもらうといいだろう。

 モデナ近辺だけでなく、イタリアの料理はチーズがふんだんに使われるものが多く、そうしたこってりした味に飽きが来ていたので、メニューにはなかった「アーリオオーリオ ペペロンチーノ」をオーダーしたら、作ってくれたこともあった。

 生ハムも日本の感覚で頼んだら、お上品な盛りつけではなく、ボリュームたっぷりに盛りつけられてきて、ひとりで食べるのに精一杯だ。デザートも同じようなボリュームなので、一品ずついろいろな料理をオーダーして、同行した人たちとシェアして楽しむのがいいだろう。

 このキャバリーノは、フェラーリのオフィシャルのイベントにもケータリングしている。本社のすぐ近くにあるフィオラーノのサーキットでの試乗会の際も、こちらのリストランテからケータリングされていたようだった。

 フィオラーノのピットでエスプレッソを頼んだとき、シュガーの袋がキャバリーノのものであったので、きっとこちらもキャバリーノからのケータリングだったのだろう。マニアの中には、この跳ね馬の紋章が入ったシュガーを使わずに持ち帰る人もいるようだ。

 キャバリーノで使われる食器にも跳ね馬の紋章が入っているが、エンツォに愛されていたリストランテだからこそ、跳ね馬の紋章を使っても許されたのだ。つまり、フェラーリのオフィシャルリストランテといった存在である。

 ちなみにキャバリーノは、ドバイのフェラーリ・ワールドにも出店している。

モデナ近辺のパスタと言えばトルテッローニやタリアテッレなどがメジャーだが、キャバリーノではスパゲッティも出してくれるので、馴染みのある日本人にはありがたい
モデナ近辺のパスタと言えばトルテッローニやタリアテッレなどがメジャーだが、キャバリーノではスパゲッティも出してくれるので、馴染みのある日本人にはありがたい

●Ristorante Cavallino
リストランテ・キャバリーノ
・住所:Via Abetone INferiore 1, 41053 Maranello, Modena
・TEL:05360941160

【画像】エンツォが愛したキャバリーノの料理をたっぷり見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント