超豪華すぎる「ランドクルーザー」!? 最上級グレードにフル装備の仕様はいくら?

トヨタの高級SUV「ランドクルーザー」の最上級グレードに、メーカーオプションをフル装備。はたしていくらになるのでしょうか。

豪華すぎる!? メーカーオプションの総額はまさかの大台超え

 トヨタ「ランドクルーザー」は、同社のSUVラインナップのなかでフラッグシップに当たる高級モデルです。車両価格(消費税込、以下同様)も482万6800円からと高く、装備もフラッグシップにふさわしいとても豪華な内容となっています。

 そんなランドクルーザーの一番豪華なグレードに、装着できる全部のメーカーオプションを装着した“フル装備仕様”は、果たしていくらになるのでしょうか。697万4000円の最上級グレード「ZX」で検証します。

 トヨタ「ランドクルーザー」のオプションフル装備仕様の価格とは
トヨタ「ランドクルーザー」のオプションフル装備仕様の価格とは

 4WD車といえば、レジャー用途で使用したいユーザーも少なくありません。ランドクルーザーでレジャーを思い切り楽しみたい場合、ぜひ装着したい装備が「ヒッチメンバー」となります。

 オプション価格は7万7000円で、装着することによってトレーラーをけん引することが可能となり、レジャーの幅が一気に広くなります。

 また、ランドクルーザーを日常の買い物用途でもつかう場合は、パワーバックドアも欠かせない装備です。挟み込み防止機能とイージークローザーが備わり、荷室へのアクセスが楽になります。オプション価格は11万円です。

 また、ランドクルーザーで選択できるメーカーオプションのなかで、最高額となるのが、エンターテイメントシステムとなります。

 ZXで選択できる「T-Connect SDナビゲーションシステム DCMパッケージ」は、タッチ式の9型ワイドディスプレイに加え、12chに対応した18スピーカーを装備。車内の音響が一気にグレードアップします。マルチテレインモニター付きの価格は78万7600円です。

 さらに、11.6型のリアシートエンターテイメントシステム(15万700円)も選択することができます。

※ ※ ※

 今回選択したメーカーオプションは、前出の装備を含めて全部で11個です。そして、ディーラーオプションとして定番のフロアマットを装備すると、選択したオプションの一覧は次のとおりになります。

●メーカーオプション:(総額:133万3200円)

・有償色:ホワイトパールクリスタルシャイン(3万3000円)

・T-Connect SDナビゲーションシステム DCMパッケージ トヨタプレミアムサウンドシステム+マルチテレインモニター<フロントカメラ+サイドカメラ(左右)付>(78万7600円)

・リヤシートエンターテイメントシステム 後席11.6型ワイドVGAディスプレイ×2+リモコン+HDMI端子付 (15万700円)

・ルーフレール ブラック(3万3000円)

・ヘッドランプクリーナー(1万1000円)

・パワーバックドア イージークローザー+挟み込み防止機能付(11万円)

・クールボックス(7万1500円)

・タイヤ空気圧警報システム(2万2000円)

・おくだけ充電(1万9800円)

・寒冷地仕様(1万7600円)

・ヒッチメンバー(7万7000円)

●ディーラーオプション(総額:4万1800円)

・フロアマット RVバケット 8人乗り用 (4万1800円)

 これらをすべて選択したランドクルーザーのZXグレードは、834万9000円です。トヨタの4WDモデルのフラッグシップというだけあり、価格も800万円の大台を超える結果となりました。

トヨタ ランドクルーザーの詳細を見る

【画像】やっぱり超豪華! 「ランドクルーザー」最上級グレードを画像で見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ・285/60R18タイヤ+18×8Jアルミホイール
    のオプションはマイナス8万8千円のいわばレスオプションです。
    オプションなしの20インチホイールのままの方が値段は高くなります。
    トヨタのオンライン見積もりで確認してください。

    • 松本様
      このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。