マツダの「ユーノス」ブランド復活!? 「ロードスター ユーノスエディション」が発売

2020年3月6日マツダは、「MX-5 ユーノスエディション」をフランス市場で発売しました。

2020年型のヴィンテージモデル

 日本市場のマツダ「ロードスター」は、海外市場では「MX-5」の名で販売されています。

 そんなMX-5から、2020年3月6日にフランス市場向けの限定車「MX-5 ユーノスエディション」が発売されました。

フランス市場で発売された限定車 マツダ「MX-5 ユーノスエディション」の外観
フランス市場で発売された限定車 マツダ「MX-5 ユーノスエディション」の外観

 MX-5 ユーノスエディションは、ジェットブラックマイカのボディカラーやパンチングレッドのブルゴーニュナッパレザー張りのインテリア、専用RAYS製16インチ鍛造ホイールなどを装備し、1989年にマツダが立ち上げた新ブランド「ユーノス」から1992年に登場した限定車「ロードスター Sリミテッド」を彷彿させるデザインとなっています。
 
 販売台数は110台限定で、シリアル番号付きのバッジとキーホルダーを付属。価格は3万4600ユーロ(日本円で約410万円)で、4月頃から随時デリバリー開始予定です。

【写真】まるで「ロードスター Sリミテッド」の再来! マツダ「MX-5 ユーノスエディション」を画像で見る(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. エンブレムがマツダって……

  2. ユーノスのバッジもつけずにユーノスと?