ポルシェ「911」のトップエンドモデル! 「911ターボS」世界初公開

ポルシェは2020年3月3日、インターネットでのライブ配信により、エアロダイナミクスが強化された「911」のトップエンドモデル、「911ターボS」を世界初公開した。

クーペとカブリオレのふたつのボディをラインナップ

 ポルシェは、ジュネーブモーターショーがおこなわれる予定となっていた2020年3月3日、インターネトでのライブ配信を介し、「911」のトップエンドモデルとなる「911ターボS」を世界初公開した。

ポルシェ「911」のトップエンドモデル「911ターボSカブリオレ」
ポルシェ「911」のトップエンドモデル「911ターボSカブリオレ」

 この新しい911のトップエンドモデルには、最高出力650馬力のクーペとカブリオレがラインナップされる。

 2つのVTGターボチャージャーを搭載し、最高出力で先代モデルを70馬力上回る新しい3.8リッター水平対向6気筒エンジンの最大トルクは800Nmにもなる。ターボ専用8速PDK仕様車の0-100km/h加速タイムはわずか2.7秒で、最高速度は330km/hに達するという。

 さらに、その強化されたドライビングダイナミクスに合わせて、フロントアクスル上部を45mmワイドとなる1840mm、リアアクスル上部を20mmワイドとなる1900mmと、大幅にボディサイズを拡大。

 アダプティブエアロダイナミクスにはフロントの制御式クーリングエアフラップが含まれており、大型のリアウイングはさらに大きなダウンフォースを発生させる設計となっている。

 さらに、フロントに20インチホイール(タイヤサイズ:255/35)、リアに21インチホイール(タイヤサイズ:315/30)と、前後異なるサイズのタイヤを装着するなど、トレッド幅の変更やエアロダイナミクスの改善、およびサイズの異なる新しいタイヤ構成により、俊敏性とスポーツ性を向上させた。

 また、よりワイドなエアインテーク、デュアルフロントライトモジュール、標準装備のダークインサート付LEDマトリックスヘッドライトを装備する新しいフロントエンドは、ターボ特有の外観を演出。

 再設計された空気圧展開式フロントスポイラーと大型リアウイングはダウンフォースが15%強化され、エアインテークを統合する力強いリアウイングセクションはターボSの流線型ボディを強調。ハイグロスブラックのターボスタイルの角型テールパイプを備えた新しいリアエンドが、車両のリアの外見を引き立てている。

 インテリアは、標準装備にフルレザーインテリアおよびライトシルバーのアクセントを組み合わせたカーボントリムが含まれるなど、スポーティーな高級感を醸し出だしている。

 また、18wayスポーツシートには、初めて911ターボSに敬意を表するステッチが施され、メーターパネルの高品質グラフィックエレメントとロゴが、ターボS特有の機能を引き立てる。

 PCMのセンターディスプレイのサイズは10.9インチで、新しいアーキテクチャーによって気を散らすことなく迅速に操作することが可能だ。

 そのほかにも、GTスポーツステアリングホイールや、新しいポルシェトラップレシジョンアプリを統合したスポーツクロノパッケージ、BOSEサラウンドサウンドシステムが含まれるなど、911のトップエンドモデルとしての豪華な仕様となっている。

【画像】ポルシェ「911」のハイエンドモデル! 「911ターボS」を見る(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント