日産新型「ルークス」と「デイズルークス」はどう違う? 新旧モデルを徹底比較

日産の軽スーパーハイトワゴン「ルークス」の新型モデルが、2020年3月19日より発売されます。先代モデルとして「デイズルークス」がありましたが、新旧モデルはどう違うのでしょうか。比較してみました。

「デイズルークス」改め「ルークス」として新たに登場

 日産の軽スーパーハイトワゴン「ルークス」が、フルモデルチェンジして2020年3月19日に発売されます。

 軽スーパーハイトワゴンは、室内が広いことから子育て層に人気です。フルモデルチェンジして新たに投入される新型ルークスは、先代モデルに比べてどのように進化したのでしょうか。

左:新型ルークス/右:先代のデイズルークス
左:新型ルークス/右:先代のデイズルークス

 新型ルークスの先代モデルは「デイズルークス」という名称で販売されていましたが、フルモデルチェンジを機に「デイズ」が外れ、先々代の名称であるルークスに戻りました。

 先々代のルークスは、スズキ「パレット(現在のスペーシア)」のOEM車だったのですが、2014年に登場したデイズルークスから、日産と三菱の合弁会社NMKVが企画・開発を担当。

 デイズルークスの開発は三菱の主導でおこなわれましたが、新型ルークスは日産主導で開発されました。

 なお、三菱では新型「eKスペース/eKクロススペース」として発表されており、新型ルークスと同じく2020年3月19日に発売される予定です。

 新型ルークスは、標準仕様とエアロ仕様の「ハイウェイスター」のふたつのスタイルが用意されています。先代のデイズルークスでも同様のラインナップで、この点は変更されていません。

 新旧ルークスのデザインについて、どのような点が変わったのでしょうか。今回は、販売全体の6割を占めるハイウェイスターのデザインを比べてみます。

 外観は、とくにフロントのデザインが変更されています。新型ルークスは、日産のフロントフェイスデザインに用いられている「Vモーショングリル」を強調するとともに、ブーメラン型のシグネチャーLEDポジションランプが採用されました。

 また、軽自動車の場合、オフセットされて取り付けられることが多いナンバープレートですが、新型ルークスでは車両中央に配置されています。

 リアのデザインも大きく変更されました。車両の幅いっぱいまで延長されたテールゲートガーニッシュや縦長でシャープな形状のテールランプなど、新型ルークスは全体的にすっきりとしたリアビューを実現しました。さらに、テールゲートのドアハンドルも隠れたデザインとすることで、洗練された印象です。

 また、細かな変更点として、リアワイパーの形状変更や、ルーフアンテナが前方から後方に移動している点などもあげられます。

 内装の違いで目を引くのは、中央のディスプレイです。先代のデイズルークスでは、ディスプレイとエアコンの吹き出し口がインパネに内蔵されていましたが、新型ルークスはダッシュボード上に設置。

 ディーラーオプションの9インチ大画面も選択することができ、先代モデルに比べて視認性が向上しています。

 さらに、エアコンなどの操作パネルがタッチパネル式なのは先代モデルから継承されていますが、ボタンの形状などが変更されてより使いやすくなりました。

 メーターは、4.2インチTFT液晶ディスプレイを採用し、カラフルで見やすいデザインとしています。

 また、天井のファンで後席に風を送る「リアシーリングファン」は、運転席からも操作できるよう、ボタンの位置を変更するなど、改良が加えられました。

【画像】どこが変わった? 新旧ルークスを見比べる(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント