ホンダ新型「フィット」が本格SUVに大変身!? カッコ良さ増した外観の特徴とは

ホンダは2020年2月14日に新型「フィット」向けの純正アクセサリーを発売しました。グレードごとにそれぞれパーツが設定されているというのですが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

純正アクセサリーをプラスした新型「フィット」の見た目は?

 ホンダが2020年2月14日に発売した新型「フィット」には、SUV風の外観を持つ「クロスター」をはじめ5つのグレードが設定されていますが、それぞれのグレードの個性をより際立たせるアクセサリーパーツがホンダアクセスから発売されています。

 なかでも、前出のクロスター向けに設定されたパーツでは、よりSUVらしさが際立つワイルドなデザインを実現しているというのですが、アクセサリーを装着した新型フィットはどのような見た目となっているのでしょうか。

ホンダアクセスの純正アクセサリーを装着した新型「フィット」
ホンダアクセスの純正アクセサリーを装着した新型「フィット」

 今回、新型フィットのクロスター向けに設定されるエクステリアアイテムとしては、「ロアガーニッシュ」や「クロスバー」などが挙げられます。

 ロアガーニッシュはフロント/サイド/リアそれぞれに設定され、高輝度シルバーがボディのアクセントとなり、SUVらしいタフさが演出されています。

 また、ルーフに取り付けられるクロスバーは外観のアクセントになるだけでなく、アタッチメントと組み合わせることでルーフボックスやルーフアルミラックなども積載可能です。

 ほかにも、「LEDフォグライト」は視認性の向上だけでなく顔つきを引き締めるアイテムとしても有効なほか、山の稜線をモチーフにしたデザインのデカールは、クロスターの持つアウトドア感をさらに強く演出します。

※ ※ ※

 今回設定された新型フィット用のアクセサリーパーツはクロスター向けだけでなく、その他の「ホーム」「ネス」「リュクス」「ベーシック」向けのパーツも設定されました。

 なかでも顔つきの印象をとくに変化させるアイテムとして、「フロントグリル」と「ビームライト」が挙げられます。

 フロントグリルはメッキ加工が施されていて光沢があり、新型フィットの外観にさらなるプレミアム感を与えます。また、ビームライトは3連タイプとなるLEDライトが採用され、スタイリッシュな印象です。

 クロスター以外のモデルに装着可能なロアスカートもフロント/サイド/リアそれぞれに設けられ、装着することで新型フィットにスポーティさという新たな一面が備わります。

 また、インテリアにおいても本革製のセレクトノブやステアリングホイールカバーなど、新型フィットに個性をプラスするアイテムが各種用意されています(一部、装着不可なグレードが存在)。

※ ※ ※

 内外装以外に、安全運転に役立つ装備も新型フィットのアクセサリーには用意されています。

 なかでも、見通しの悪い場所での視界をサポートする装備が、ライセンスフレーム(ナンバープレートフレーム)と合わせて装着される「フロントカメラシステム」です。

 ライセンスフレームの下部に設置される約120万画素カラーCMOSカメラが、前方の様子をナビ画面に映し出します。左右が見えにくい場所からの子どもや自転車の飛び出しを事前に確認できるほか、駐車場での前進時にも便利です。

 カッコいい内外装を実現するだけでなく、運転時の安全・安心もサポートするなど、さまざまなアイテムが用意された新型フィットの純正アクセサリーは、2月14日から発売されています。

【画像】もう1台のフィットもカッコいい! キラッと輝く顔つきのフィットを画像でチェック(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント