「ハマー」がEVになって復活決定! そのパワーはなんと1000馬力

アメリカのゼネラル・モーターズ(GM)は、かつて存在していた「HUMMER(ハマー)」ブランドを復活、2020年5月30日にGMC「ハマーEV」をワールドプレミアすると発表しました。

かつて「ガソリン食い」だったハマーがゼロ・エミッション車に

 アメリカの自動車大手、ゼネラル・モーターズ(GM)は、2010年まで存在していたHUMMER(ハマー)ブランドの電気自動車、GMC「ハマーEV」を紹介、「Quiet Revolution」というタイトルの30秒のTVスポットCMで、2020年2月2日(現地時間)に開催される第54回スーパーボウル中に公開します。

ハマーEVは2020年5月20日に正式に登場する
ハマーEVは2020年5月20日に正式に登場する

 ハマーEVは、2020年5月20日にワールドプレミアされる電気自動車で、ミシガン州にあるGMデトロイト・ハムトラムク組立工場で生産されます。

 ハマーEVの詳細は明らかになっていませんが、モーター出力は1000馬力と発表されています。また0−60mph(約96km/h)加速は3秒というパフォーマンスを誇ります。

 ビュイックおよびGMCの副社長であるダンカン・アルドレッド氏は「GMCはプレミアムなトラックおよびSUVを構築し、GMCハマーEVはこれを新たな高みへと導きます」とコメントしています。

※ ※ ※

 ハマーは、GMのSUVブランドで、1992年に設立。軍用車両「ハンヴィー」を民生化した「H1」を1992年から販売しました。

 2002年にはシボレー「タホ」をベースとした「H2」が登場、さらに2006年には「H3」が発売されています。このH2/H3は三井物産オートモーティブにより、日本でも正規輸入されました。

 2008年に端を発したリーマンショックによる景気後退で、GMは2009年6月に米連邦破産法11条の適用を申請、経営破綻しました。

 それにともない、ハマーブランドも2009年6月に、中国の四川騰中重工業機械(騰中重工)の買収について暫定で合意がされていましたが、中国政府はこれを承認せず合意は破棄され、ハマーは廃止されました。

 今回はおよそ11年ぶりのブランド復活になります。

ハマー・イズ・バック! EVで復活するハマーを画像で見る(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント