ホンダ新型「NSX」はオプションフル装備で何千万円!? 超豪華装備の内容とは

ホンダ「NSX」の2020年モデルが2020年4月に発売されます。ホンダの最上級モデルということもあり、車両価格は2420万円(消費税込)と極めて高価ですが、オプション装備を足していくとさらに高額になります。はたして、メーカーオプションをフル装備したNSXは、総額いくらになるのでしょうか。

カーボンパーツのオプションは数十万円から百万円超の価格設定!

 ホンダ「NSX」は、新型となる2020年モデルが2020年1月の東京オートサロンで日本初披露されたスーパーカーです。すでに2019年12月5日から受注は開始されており、発売は2020年4月が予定されています。

 最高出力581馬力/最大トルク646Nm(システム値)と、同社モデルのなかでも突出したスペックを誇るNSXですが、車両価格の高さもずば抜けています。NSXの2020年モデルにメーカーオプションを装着可能な分だけ付けたら、価格はいくらになるのでしょうか。

ホンダ「NSX」はオプションフル装備でいくらになる?
ホンダ「NSX」はオプションフル装備でいくらになる?

 2代目となる現行型NSXは、2017年2月に発売されました。発売時の価格は2370万円(消費税8%込)でした。その後、2019年5月に初の改良がおこなわれ、2020年4月の改良は二度目となります。2020年モデルの価格は2420万円(消費税10%込、以下同様)と、消費税抜価格同士で比較して、約5.6万円ほど値上がりしています。

 今回は、2020年モデルの新型NSXにメーカーオプションをひと通り装着して、最上級仕様がいくらになるのかを検証します。

 装着できるメーカーオプションは複数あるのですが、なかでもスーパーカーらしいオプションといえるのが有償色です。

 NSXは全9色のボディカラーが設定されていますが、そのうち追加料金なしで選択できるボディカラーは「クルバレッド」「130Rホワイト」「ベルリナブラック」の3色のみです。

 2020年モデルの新色となる「インディイエロー・パールII」を含む4色は8万8000円、そして「バレンシアレッド・パール」「ヌーベルブルー・パール」の2色は69万3000円のオプションとなっています。

 また内装面では、オプションを選択しないとシートが手動調整式となります。電動パワーシートを希望する場合は、オプションを選択しなければなりません。セミアニリンレザー/アルカンターラのパワーシートで33万円、セミアニリンフルレザーのパワーシートで46万2000円となります。

 また、各種カーボンパーツも数十万円から百万円超の価格でラインナップされています。

※ ※ ※

 NSXに装着可能なメーカーオプションは、有償色も込みで7点となり、ディーラーオプションとして定番のフロアマットも含めると、今回装着したオプション装備の一覧は次のとおりです。

●メーカーオプション(総額:463万1000円)

・有償色:ヌーベルブルー・パール(69万3000円)

・電動4ウェイパワーシートセミアニリンフルレザー/ブラックアルカンターラルーフライナー(46万2000円)

・カーボンファイバーエンジンカバー(41万8000円)

・カーボンファイバーエンジンカバーリアデッキリッドスポイラー(37万4000円)

・カーボンファイバーエクステリアスポーツパッケージ(110万0000円)

・カーボンファイバーインテリアスポーツパッケージ(35万2000円)

・カーボンセラミックローターレッドキャリパー(123万2000円)

●ディーラーオプション(工賃別)

・フロアカーペットマット&トランクマット ブラック/NSXロゴプレート付/5枚セット(16万5000円)

 総額は2899万6000円で、購入諸費用も含めると3000万円近い金額となります。

 ちなみに、2019年にホンダの乗用車でもっとも売れたモデル「N-BOX」の価格帯は141万1300円から212万9600円です。一般の乗用車と比べると、NSXは価格の面も含め非常に夢のあるクルマといえます。

「NSX」の超豪華仕様? 高額なオプション仕様車を画像で見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント