3列目ない2列ミニバンなぜ増加? トヨタやホンダ、日産までもが導入する理由とは

昔からミニバンは、多人数乗車が当たり前となっていました。しかし、最近ではあえて2列シート仕様のミニバンが登場しているのです。なぜ、ミニバンの強みとなる「多人数乗車」仕様が無くなっているのでしょうか。

なぜ、後から2列シート車を追加した?

 新車市場では、ファミリー層などから支持され高い人気を誇る「ミニバン」ですが、ジャンルが確立してから約30年の歴史を重ねています。

 従来のミニバンは「多人数乗車・多積載」がメリットとなり、家族や友人などで移動する際には重宝されていましたが、最近では3列シート車とは別に2列シート車を設定するモデルが相次いでいるのです。

 なぜ、「多人数乗車・多積載」がメリットだったミニバンに、2列シートの5人乗り仕様車が増えているのでしょうか。

トヨタ「シエンタ」は、2列シート車として2グレード(FUNBASE X・FUNBASE G)を2018年9月に新設定
トヨタ「シエンタ」は、2列シート車として2グレード(FUNBASE X・FUNBASE G)を2018年9月に新設定

 最近では、2018年5月にホンダ「ジェイド」がマイナーチェンジで2列シート5人乗り仕様を追加。同年9月には、コンパクトクラスのミニバンで販売台数トップとなるトヨタ「シエンタ」も、同様の仕様を新たに設定しています。

 さらに、2019年1月にはミドルクラスのトヨタ「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」にも、「MULTI UTILITY(MU)」と呼ばれる2列シートで5人乗り仕様のコンプリートカーがモデリスタブランドから登場しました。

 また、2020年1月に開催された東京オートサロン2020の日産ブースには、日産車のカスタムカーを手掛けるオーテックジャパンが「セレナAUTECH マルチベッド コンセプト」を展示。

 なぜ、各メーカーはミニバンに2列シート車を設定するようになったのでしょうか。その背景には、60歳代から70歳代の「団塊の世代」といわれるユーザー層の生活スタイルの変化が挙げられます。

 この世代の人たちは、男女問わず消費活動に積極的で、趣味や付き合いも多い「アクティブシニア」とも呼ばれています。

 また、子どもが成人していることも多いことから、自分の時間に余裕が生まれてくる世代でもあるうえ、近年ブームとなっているアウトドアや車中泊などを新たに始める団塊の世代も増えているのです。

 そうなると、いままで家族を乗せることが多かった、多人数乗車・多積載に特化したミニバンと同じ運転感覚で、趣味に使うことができるミニバンの2列シート車に注目が集まっているといえます。

 シエンタのマイナーチェンジを担当した、トヨタの製品企画チーフエンジニア・粥川宏氏は次のように、ユーザー動向を説明しています。

「近年、増加しているアクティブなミドル・シニアからアウトドアレジャー(釣り、サイクリング、キャンプ、フェスなど)に関する要望を受けて、2列シート車を新たに設定しています。

 おもには、『3列はいらないから、荷物がたくさん積めること』、『車の中で泊まれること(フラットで長いデッキ面、そのうえで体が起こせる空間を持つこと)』、『荷室空間をカスタマイズできること』というアクティブシニアの要望をキャッチし、それに応える2列仕様を追加してユーザー層を広げたいという想いがありました。

 また、災害時に体を伸ばして眠れるプライベートスペースとしても活躍できるクルマだと思います。さらに、避難だけでなく、その災害にボランティアとして支援をされている方の宿泊場所としても活用いただけると思います。

 実際に、現行モデル投入時には、年配のご夫婦から震災ボランティアの話を聞かせていただきました。その時点から車中泊は私のなかで『いつかやらねば』というテーマとなっていました」

※ ※ ※

 3列シートのモデルに追加する形で2列シート車を設定したシエンタは、単純に3列シート車の最後列を減らしただけではなく、さまざまなニーズに応えるという理由があったようです。

【画像】快適すぎるミニバンへ! 日産「セレナ」車中泊モデルが登場!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント