人気のSUVは激戦! 軽自動車はやっぱり1強!? 2019年に売れた車5選

2020年1月9日に、日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会から、2019年の乗用車車名別販売台数ランキングが発表されました。そこで、5つのカテゴリーで販売台数トップのクルマを紹介します。はたしてランキングに変動はあったのでしょうか?

2019年のカテゴリー別人気車種は?

 2020年1月9日に、日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会から、2019年の登録車と軽自動車の乗用車車名別販売台数ランキングが発表されました。

2019年に日本で一番売れたクルマは、やっぱりこれ!
2019年に日本で一番売れたクルマは、やっぱりこれ!

 2019年といえば10月1日に消費税が8%から10%に引き上げられ、10月の販売台数は多くの車種で落ち込む事態となります。

 その後は徐々にですが回復傾向にあり、令和元年の終わりを迎えましたが、2019年の各カテゴリーで人気を獲得したのはどの車種だったのでしょうか。

 そこで、5つのカテゴリー別で、もっとも売れたクルマを紹介します。

●登録車 1位 トヨタ「プリウス」12万5587台

2018年末のマイナーチェンジが功を奏した「プリウス」
2018年末のマイナーチェンジが功を奏した「プリウス」

 登録車の販売台数総合1位に輝いたのはハイブリッド専用車のトヨタ「プリウス」です。現行モデルは2015年12月に発売された4代目となります。

 2018年の販売台数が落ち込んだためランキングは3位でしたが、同年12月にフロントフェイスとテールランプまわりのデザインを大きく変更するというマイナーチェンジがおこなわれました。

 その結果、2019年4月から7月は月間でトップをキープするなど、好調なセールスを記録し、年間販売台数トップに返り咲きます。

 また、マイナーチェンジで燃費が若干下がりましたが、それでも39km/L(JC08モード:Eグレード)と、現行車では未だトップに君臨。

 さらに、先進安全機能の充実と、トヨタスマートセンターと通信でつながるコネクテッドカーに進化したことも話題となりました。

●コンパクトカー 1位 日産「ノート」11万8472台

総合トップは陥落したものの人気は根強い「ノート」
総合トップは陥落したものの人気は根強い「ノート」

 コンパクトカーの1位は日産「ノート」で、総合でも2位にランクイン。現行モデルは2012年9月に発売された2代目になります。

 2018年は「セレナ」とともに大ヒットを記録して総合1位に輝きましたが、2019年は10月以降の落ち込みが大きく、総合1位はプリウスに奪還されてしまいました。

 ノートの販売好調の原動力といえば「e-POWER」で、2016年11月に追加ラインナップ。e-POWERはエンジンが発電のみに使用され、走行はモーターでおこなうというシリーズハイブリッドです。

 燃費は37.2km/L(JC08モード:e-POWER Sグレード)と優秀ですが、さらにゼロ発進から最大トルクを発揮するモーターの特性を生かし、最高出力109馬力のスペック以上の加速力があります。

 また、e-POWERとガソリン車の両方に、スポーティにチューニングされた「NISMO」グレードが設定され、使い勝手の良いコンパクトカーでありながら、スポーツドライビングも楽しめるという、魅力あるラインナップもノートの強みです。

●ミニバン 1位 トヨタ「シエンタ」11万880台

ミニバン初の月間販売台数1位に輝いた「シエンタ」
ミニバン初の月間販売台数1位に輝いた「シエンタ」

 ミニバン1位はコンパクトサイズのトヨタ「シエンタ」です。2018年は前述のセレナがe-POWERの追加によって好調なセールスだったため、シエンタは僅差で負けてしまいましたが、2019年は1万8000台近い大差で勝利しています。

 現行モデルは2015年に発売された2代目で、全車3列シートのハイブリッドとガソリン車をラインナップ。カラーリングやスタイル、5ナンバーサイズのちょうど良い大きさが好評で、デビュー時には1か月で約4万9000台もの受注がありました。

 2018年9月のマイナーチェンジではユーザーからのリクエストに応え、2列シートの「FUNBASE」グレードを追加。アウトドアや車中泊を楽しむのに最適なモデルといえます。

 2019年8月と9月には、ミニバンとして初めて月間販売台数1位を獲得したことも、大いに話題となりました。

【画像】2019年に日本で一番売れた車!(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント