ホンダ新型「シビック」登場! 東京オートサロン2020で初披露後2020年1月に発売へ

ホンダは2020年1月10日から12日にかけて千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に、マイナーチェンジモデルの新型「シビック」を出展します。長い歴史を誇るシビックは、マイナーチェンジで何が変わったのでしょうか。

より精悍な外観に! ホンダ「シビック」が進化して登場

 ホンダは、2020年1月10日に千葉県・幕張メッセで開幕した「東京オートサロン2020」で、マイナーチェンジされた新型「シビック」を出展しました。

 同社のロングセラーモデルとして知られるシビックは、マイナーチェンジでどのように変化したのでしょうか。

東京オートサロン2020に出展されたホンダ「シビック」
東京オートサロン2020に出展されたホンダ「シビック」

 今回、披露されたマイナーチェンジ版のシビックは、セダンとハッチバックの2モデルがラインナップされています。

 外観においては、フロントバンパーをはじめとしたデザインの変更がおこなわれており、ロー&ワイドを基調としたスポーティなシェイプが強調されています。

 内装では、ソフトウィーブを配したコンビシートを採用し、車内はよりスポーティかつ上質に演出されています。

 ほかにも、ハッチバックモデルのCVT車にはトップロードサンルーフも新たにオプション設定されました。

 ガラス部は電動で開閉可能で、チルトアップ機能も備わります。

 ホンダの担当者は、新型シビックについて次のように説明します。

「今回、マイナーチェンジのタイミングにあわせてボディカラーの追加もおこないました。

 セダンに採用される『プレミアムクリスタルブルー・メタリック』は、シビックとして初採用となっています。

 また、ハッチバックモデルに採用される『ソニックグレー・パール』は国内仕様のシビックとして初の設定となるほか、『オブシダンブルー・パール』は今回新たに開発された新規色となります」

 なお、高性能モデルの「シビックタイプR」の改良モデルも、東京オートサロン2020で新たに公開されました。

※ ※ ※

 マイナーチェンジを受けたシビックの車両価格(消費税込)は、セダン276万1000円、ハッチバックが294万8000円で、2020年1月23日に発売されます。

 なおホンダは東京オートサロン2020に、同じくマイナーチェンジを受けた「S660」をはじめ、さまざまなモデルを出展。市販モデルだけでなく、2019年シーズンのF1世界選手権を戦った「Red Bull Toro Rosso Honda」、「Aston Martin Red Bull Racing」のF1マシンも展示されています。

ホンダ シビックの詳細を見る

カッコいいぞ新型「シビック」! 国内初披露されたマイチェンモデルを画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント