マツダ新型SUV「CX-30」が目標の約2.5倍受注で好調! ちょうど良いサイズやデザインが人気

マツダの新型クロスオーバーSUV「CX-30」の受注が好調で、発売から2か月で1万2346台を達成しました。幅広い層のユーザーがCX-30を選んでいるといいますが、購入の決め手はどのようなところなのでしょうか。

発売から2か月で1万2346台を達成

 マツダが2019年10月24日に発売した新型クロスオーバーSUV「CX-30」の受注台数が、1万2346台を達成したことがわかりました。

 CX-30の月間販売目標台数は2500台としていたので、発売から2か月で目標の約2.5倍を受注し、好調な滑り出しです。

マツダ新型「CX-30」
マツダ新型「CX-30」

 CX-30は、「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」をコンセプトに開発された新型クロスオーバーSUVです。

 CX-30の好評な点として、「市街地での取り回しが容易な、丁度よいサイズ」や「デザインと居住性、静粛性・オーディオが高次元でバランスされた、質感の高い室内空間」、「特徴的で美しいエクステリアデザイン」などを評価するユーザーが多いといいます。

 グレード別の受注構成比は、上品なブラウンの内装に白と黒のふたつの本革シートを組み合わせて上質さを際立たせた「L Package」が36%、先進の安全装備と快適装備を充実させた「PROACTIVE Touring Selection」が48%となっています。

 人気のボディカラーは、魂動デザインの造形を質感高く際立たせた「ソウルレッドクリスタルメタリック」が25%、樹脂独特のヌメリ感と金属感の融合をイメージした新色「ポリメタルグレーメタリック」が18%となります。

 また購入層は、30代から40代のユーザーを中心とし、幅広いユーザーがCX-30を選んでいるといいます。

 なお現在は、2リッターガソリンと1.8リッターディーゼルのふたつのエンジンがラインナップされていますが、2020年1月以降に2リッター新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X 2.0」が追加される予定です。

質の高い内外装が人気! マツダ新型「CX-30」を画像でチェック

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント