東京オリンピックイヤーモデルのレンジローバーは何が変わった?

レンジローバーとレンジローバー・スポーツの2020年モデルの内容が発表されました。元祖ラグジュアリーSUVメーカーのハイエンドモデルは、どのような仕様になったのでしょうか。

本家本元SUVの王者のエンジンラインナップが増えた

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年12月23日より、「レンジローバー」と「レンジローバー・スポーツ」の2020年モデルの受注を開始しました。

 レンジローバーのモダンで洗練されたデザイン、レンジローバー・スポーツの精悍でスポーティなデザインはそのまま踏襲しつつ、2020年モデルではエンジンのラインナップが見直されています。

2020年モデルの「レンジローバー」。モダンで洗練されたデザインは踏襲される
2020年モデルの「レンジローバー」。モダンで洗練されたデザインは踏襲される

●レンジローバー(2020年モデル)

 レンジローバーは、パワフルな走行をもたらすディーゼルエンジン、ハイグレードなV型8気筒ガソリンエンジン、パフォーマンスと高い効率性を備えたPHEVから選択が可能です。
 
 ガソリン・エンジンモデルは、2種類の5リッターV型8気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(最高出力525馬力・最大トルク625Nm、最高出力565馬力・最大トルク700Nm)から選択が可能です。
 
 ディーゼル・エンジンモデルは、3リッターV型6気筒ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(最高出力258馬力・最大トルク600Nm)のワングレードのみです。
 
 PHEVモデルは、2リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力300馬力)と高出力モーター(最高出力116馬力)を併用するパラレルハイブリッドシステムを搭載しています。エンジンとモーター両方を合わせたシステム最高出力は404馬力、最大トルクは640Nmを発揮し、0-100km/h加速は6.8秒、最高速度は220km/hです。
 
 エクステリアカラーは、ナルヴィックブラック、フジホワイト、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、インダスシルバー、フィレンツェレッド、ロゼッロレッド、バイロンブルー、アイガーグレイ、ポルトフィーノブルー、アルバ、カルパチアングレー、シリコンシルバーの13色から選ぶことができます。
 
 2020年モデルのレンジローバーの車両価格は消費税込みで次のとおりです。
 
●5リッターV型8気筒ガソリン・エンジン搭載モデル 5機種
・レンジローバー・ヴォーグ(ガソリン 525馬力):1702万円
・レンジローバー・オートバイオグラフィー(ガソリン 525馬力):1983万円
・レンジローバー・ロングホイールベース・オートバイオグラフィー(ガソリン 525馬力):2072万円
・レンジローバーSVオートバイオグラフィー・ダイナミック(ガソリン 565馬力):2578万円円
・レンジローバー・ロングホイールベースSVオートバイオグラフィー(ガソリン 565馬力):3202万円

●3リッターV型6気筒ディーゼル・エンジン搭載モデル 2機種
・レンジローバー・ヴォーグ(ディーゼル 258馬力):1493万円
・レンジローバー・オートバイオグラフィー(ディーゼル 258馬力):1790万円

●PHEVモデル 5機種
・レンジローバー・ヴォーグ(PHEV 404馬力):1550万円
・レンジローバー・オートバイオグラフィー(PHEV 404馬力):1831万円
・レンジローバー・ロングホイールベース・ヴォーグ(PHEV 404馬力):1616万円
・レンジローバー・ロングホイールベース・オートバイオグラフィー(PHEV 404馬力):1888万円
・レンジローバーSVオートバイオグラフィー(PHEV 404馬力):2956万円

東京オリンピックイヤーモデルのレンジローバーはこうなる!(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント