世界にたったひとつだけの薔薇で飾られたロールス・ロイス「ファントム」

ロールス・ロイスには、オーナーが個別に仕様をオーダーできる「ビスポーク」プログラムがあります。このビスポークで、バラで溢れる車内に誂えた超スペシャルな「ファントム」が完成しました。

同世代ファントムのなかで、間違いなく最高傑作となる1台

 ロールス・ロイスのパーソナライズの特注プログラム「ビスポーク」で特別に誂えられた「ファントム」が完成しました。バラの刺繍で溢れたファントムをオーダーしたのは、いったいどのような人物なのでしょうか。

左右非対称にデザインされたファントムローズが、ドアパネルだけでなく、ルーフライニングにも刺繍されている
左右非対称にデザインされたファントムローズが、ドアパネルだけでなく、ルーフライニングにも刺繍されている

 ロールス・ロイスをオーダーする人は、たいていの場合、自分の好みになるようになんらかの特別注文をするものです。そうした特別なオーダーに対応するのが「ビスポーク」プログラムです。
 
 100万本もの刺繍が施されたファントムをオーダーしたのは、ストックホルム在住の起業家です。この起業家は、花に対して並々ならぬ情熱をもっており、4人の子どもにもそれぞれ花にちなんだ名前をつけているほどです。
 
 ビスポークで紋章やロゴ、個人のイニシャルなどを刺繍することは珍しくありませんが、ドアパネルやルーフライニングに至るまでバラの刺繍で埋め尽くされるケースは非常に珍しいケースです。
 
 ロールス・ロイス。モーターカーズの最高経営責任者であるトルステン・ミューラー・オトボス氏は、このファントムを「ローズ・ファントム」と呼び、次のようにコメントしました。
 
「このローズ・ファントムは、現代ロールス・ロイスを見事に象徴しています。熟練の職人達は、このローズ・ファントムで崇高な仕事を成し遂げました。われわれのビスポーク・コレクティブの仕事は、世界最高のものです。

 ローズ・ファントムの仕上がりを見ると、世界中のどこを見渡しても、われわれにしかできなかった偉業だと誇りに思います。このクルマは、間違いなく同世代のファントムのなかで、最高傑作の1台です」
 
 外板色はピーコックブルーを採用し、チャールズブルーのツインピンストライプが施されています。
 
 インテリアのカラーは、エクステリアとは反対に、チャールズブルーの豪華なレザーがベースとなり、ピーコックブルーのパイピングがアクセントになっています。
 
 後部ドアを開くと、まずドアパネルに刺繍が施されており、刺繍されているバラはつぼみの状態から満開のものまでさまざま。ドアパネルからルーフライニングにまで、非対称デザインでバラが散りばめられています。
 
 このバラは、グッドウッドにあるロールス・ロイス本社の中庭で栽培さているファントムローズに、インスピレーションを受けてデザインされています。ちなみに、ファントムローズが栽培されているのは、世界で唯一、このバラ園のみです。
 
 また、ローズ・ファントムにはオーナーの家族の意見も反映されています。ドアに格納される傘はオーナーの妻がデザインし、外板色は娘が選んだものです。
 
「どこにいても、花とバラを感じていたいと思って、このようなビスポークとなりました。素晴らしい芸術作品になったと満足しています」と、オーナーはコメントしました。
 
 ビスポークにかかる費用は、もちろんシークレット。世界にたった1台だけのローズ・ファントムは、幸せな家族の象徴でもありました。

ゴージャス過ぎるローズ・ファントムの室内はどうなっている?

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント