年末年始の清水パーキングエリアは「ロータスおじさん」がジャック!? 全日本ロータス同好会の顔ピクトとは

2019年12月16日(月)から2020年1月15日(水)までの1か月間、新東名高速道路「清水パーキングエリア(NEOPASA清水)」を、「ロータスおじさん」がジャックするイベントが開催されます。いったいどのようなイベントなのでしょうか。

来場者には、お掃除ロボットや人気ゲーム機等が当たるキャンペーンも実施

 全国1650社(約2千店)の自動車整備会社が加盟する団体「全日本ロータス同友会(通称ロータスクラブ)」のビジュアルアイデンティティといえば「顔ピクト」が有名で、一度は見たことがある人も多いのではないでしょうか。

整備のプロフェッショナルを表す「顔ピクト」
整備のプロフェッショナルを表す「顔ピクト」

 この顔ピクトが2019年12月16日(月)から2020年1月15日(水)までの1か月間、新東名高速道路「清水パーキングエリア(NEOPASA清水)」のあらゆる場所に文字通り顔を覗かせ、パーキングエリアをジャックするイベントが開催されます。

 また、これを記念して「清水パーキングエリア」の来場者向けに、お掃除ロボットや人気のゲーム機等が当たるキャンペーンを実施。さらに来場できない人でも参加できるTwitterキャンペーンも同時開催されます。

 新東名高速を利用する際や、近くに住んでいる人はぜひ「清水パーキングエリア」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

●全日本ロータス同友会(ロータスクラブ)とは

 自動車整備業者の組織として1975年に設立。自動車整備業界の近代化、社会的地位の向上、さらには法定需要依存体質からの脱皮など、新しい業界づくりの理想を掲げてスタートし、業界の改革を推進しています。現在は各都道府県に51の支部を持ち、全国の自動車整備会社1650社が加盟しています。

●「顔ピクト」とは
 全日本ロータス同友会のビジュアルアイデンティティです。ロータスクラブ加盟店各社の社長の顔をモデルにした看板です。「顔ピクト」は、人情味あふれるやさしさ、気さくさ、そして親身になって相談できる頼もしい存在であるロータス店のシンボルで、「I’m professional」と書かれた顔ピクトは、「信頼」「実績」「技術」に裏打ちされた整備のプロフェッショナルであるという自信と責任を示しています。

「ロータスクラブ」ってどんな組織?画像で見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ただですら新東名のPは駐車しにくい作りなのに、駿河湾沼津なんて休日はトラックレーンに誘導してるし
    足柄も新装されてから妙に使いにくいし
    最近じゃ鮎沢とか東名経由で富士川とか浜名湖しか寄らなくなったな

  2. 最近のSAは色々やってるね。
    今度帰省の時に寄ってみようかな。