雪道対策!さまざまな種類があるタイヤチェーンの選び方とは

タイヤチェーン以外にもまだある!雪対策カーグッズ4選

タイヤチェーン以外にも、雪道を安全に走るためのグッズがあります。ここで、タイヤチェーン以外の雪対策カーグッズ4選を紹介します。

安全なウインタードライブのためにも、雪道対策はしっかりとしておきたい
安全なウインタードライブのためにも、雪道対策はしっかりとしておきたい

●スノーワイパー

一年中、同じワイパーを使用しているという人は多いのではないでしょうか。冬の雪国ではスノーワイパーに交換するのが一般的です。見た目は同じような形状をしていますが、大きな違いはその性能です。

 スノーワイパーは低温でも硬くならない素材のゴムを使用しているため、気温がマイナスでも通常と変わらない性能を発揮してくれます。また、ブレード部分全体がゴムでおおわれているため、ノーマルワイパーのように雪が詰まることがありません。

 価格はノーマルワイパーの3倍以上する場合が多いですが、雪国の人には必須のアイテムとなります。

●スノーブラシ

 雪が降った場面で役立つのが、スノーブラシです。フロントガラスがワイパーで掃ける程度の降雪であっても、屋根に積もった雪が停車時に一気にフロントガラスに滑ってくる場合があります。大量の湿った雪がワイパーの上に落ちてしまうと、ワイパーがほとんど作動せず走行ができなくなってしまします。

 そうした事態を防ぐため、走行前にスノーブラシで屋根の雪を落とすことが必要となってきます。クルマ専用のものはボディーに傷つきにくい素材になっているので安心して使用することができますし、スクレーパー兼用となっているスノーブラシもあるのでフロントガラスの凍結時にも役立ちます。

●ウォッシャー液

 暖房で暖められたフロントガラスでは、熱で溶けた雪がすぐに氷に変わり、凍結してしまことがよくあります。そんな時に役立つのがウォッシャー液です。

 原液の状態では気温マイナス30度の氷点下でも凍ることがないため、凍結したフロントガラスの氷を溶かすことができます。一度凍結したガラスはスノーワイパーでも掃くことができないため、ウォッシャー液の使用が必須となります。

●消毒用アルコール

 一見、雪と無関係に思える消毒用アルコールですが、じつは驚くほどの除雪効果があります。

 使い方は非常に簡単で、水とアルコールを1:2の割合で混ぜ、それをスプレーボトルに入れて吹きかければ良いだけです。凍結したフロントガラスの霜が取れ、その後に凍る心配もありません。理由は、アルコールの凝固点にあります。水が凍る温度は0℃ですが、アルコールの凝固点は-114.5℃とさて、先述の通り薄めていても-30℃ほどまで耐えられるとされています。

 消毒用アルコールの原液は1000円ほど、スプレーボトルは100円ショップで購入可能なため、安上がりできるのも嬉しいポイントです。

※ ※ ※

 雪道での走行は、タイヤが滑らなければ良いというものではなく、フロントガラスのケアなど様々ば角度からの対策が必要となります。

 これからはスノーレジャーが本格化する季節ですので、今回紹介したグッズを活用して雪道を安全に走行できるように備えましょう。

チェーン以外にもいろいろある! 冬の雪道対策グッズを画像で見る(11枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー