【動画】世界初のエンジンは何がスゴい? マツダ「スカイアクティブX」の特徴とは

2019年12月5日に世界初の技術を採用したエンジン「スカイアクティブX」を搭載するマツダ「マツダ3」が発売されました。自動車業界では「スゴい技術」といわれていますが、実際には何がスゴいのでしょうか。

世界初の技術を採用したスカイアクティブXって何?

 世界初の技術を導入したマツダの新型エンジン「スカイアクティブX」。いよいよその新型エンジンを搭載した「マツダ3」が、2019年12月5日に発売されました。世界初の技術とは、どのようなものなのでしょうか。さっそく動画で紹介します。

「何がスゴい? スカイアクティブX」を動画でチェック

 マツダの新型エンジンのスカイアクティブXは、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンのメリットを兼ね備えた世界初のガソリンエンジンです。

 どのような点が世界初なのか、というと、ディーゼルエンジンで採用される「圧縮着火」をガソリンエンジンで実用化した点です。どういうことでしょうか。

 ガソリン燃料は着火しにくいため、ガソリンエンジンでは燃料と空気の混合気に火花で点火します。火花を起点とした燃焼はゆるやかなため、ディーゼルとくらべてトルク(回転力)は低めですが、ガソリンエンジンは高い回転数まで回せるので、最高出力は伸びやすく、最高速度も速くなります。ディーゼルにくらべ、振動や騒音が低いという利点もあります。

 一方のディーゼルエンジンは、燃料である軽油が着火(自然発火)しやすいため、圧縮して高温にした空気に燃料を直接噴射することで着火します。これを「圧縮着火」といいます。急速かつ同時多発的に燃焼するため、低い回転でも大きなトルク(回転力)を得やすく、また効率がよいため燃費にも優れます。

 ディーゼルエンジンとガソリンエンジンにはそれぞれ良さがありますが、ガソリン燃料で圧縮着火を実現できれば、低回転での太いトルクや低燃費といったディーゼルの利点と、高回転での出力の伸びというガソリンの利点とを併せ持つことができます。

 ゆえにガソリン燃料での圧縮着火は世界中のエンジニアが試みてきましたが、これまで実用化までには至っていませんでした。

世界初の技術を採用したスカイアクティブXを搭載する「マツダ3」

 今回マツダが開発したスカイアクティブXでは、新開発の燃焼方式「SPCCI」(火花点火制御式圧縮着火)を採用し、ガソリンエンジンにおける圧縮着火の実用化を世界で初めて実現しました。

 なお高回転域では通常の火花点火を併用するほか、マツダ初のマイルドハイブリッドを採用するなど複雑なメカニズムとなっています。また国内仕様ではハイオク車として設定されています。

 この新型スカイアクティブXがまず搭載されるのは、新世代のマツダ車第一弾として2019年5月に発売された「マツダ3」。車両本体価格(消費税込み)は、ハッチバックとセダンともに、2WD車が319万8148円、4WD車が343万4648円です。

 過去にはロータリーエンジン車を市販していたマツダですが、ハイブリッド車の発電用としてのロータリーエンジンの開発もつづけられているといいます。マツダの今後の展開に注目です。

世界初のエンジンを搭載したマツダ3を画像で見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント