お台場でBMWを全開に!? 誰でもスポーツ走行可能な「お台場 POWER SLIDE」が2020年2月に開講へ

BMWは、同社のMモデルの性能を東京・お台場で体験できるイベント「お台場 POWER SLIDE」を2020年2月からおこなうと発表しました。いったい、どんなプログラムがおこなわれるのでしょうか。

5000円で思い切り楽しめる! 新たなカルチャープログラムがお台場で開催へ

 BMWは、東京・お台場の「BMW Group Tokyo Bay」で、一般ユーザーが手軽にスポーツ走行を体験できるカルチャープログラム「お台場 POWER SLIDE」を2020年2月から開始すると発表しました。

 このイベントでは、公道では絶対におこなえないような走行を、BMWの高性能モデルで手軽に体験できるというのですが、いったいどのようなイベントなのでしょうか。

BMW「お台場 POWER SLIDE」プロモーションビデオ

 今回、開催が発表されたお台場 POWER SLIDEは、BMWの高性能仕様であるMモデルの実力を、一般ユーザーが安全に体験することができるプログラムです。

 2020年2月より隔月の土曜日・日曜日に開催される予定となっており、プログラムは1回あたり2時間程度で、午前・午後の2部制となります。会場のBMW Group Tokyo Bayは、ゆりかもめ線の東京国際クルーズターミナル駅より徒歩3分に位置します。

 国内で有効な普通自動車免許があれば誰でも参加可能で、免許取得後の年数は問われません。参加料金は5000円で、使用するクルマは、「M4」や「M3」、「M2」などが予定されています。

 本開催に先駆け、メディア向けのパイロット版の体験会が2019年11月30日におこなわれ、イベント内容を監修するピストン西沢氏が登壇しました。

 本イベントは、ステップアップ方式が取り入れられており、難易度の異なる「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」が設定され、各クラスの認定試験に合格すると上位クラスにステップアップすることができると、ピストン西沢氏は説明します。

BMWが2020年2月に開講する「お台場 POWER SLIDE」の内容とは

 パイロット版では、ブロンズの内容で想定されている「アクセルターン チャレンジ」と「ターゲットタイム チャレンジ」が実施されました。

 アクセルターン チャレンジは、ハンドルを目一杯きった状態で静止し、そこからアクセルとステアリングを操作することで、クルマを滑らせながら向きを180度回転させて静止することを目指すものです。散水された滑りやすい路面が使われます。

 インストラクターが助手席に同乗し、参加者のレベルに合ったアドバイスを受けながら体験できるため、うまくクルマを回転させられなかった場合も改善すべき点を即座に修正することができます。

 その後おこなわれたターゲットタイム チャレンジは、ジムカーナコースを基準タイムに近い時間で走行することが目標となるプログラムで、こちらもクルマを正確に動かすことが目的となります。

 BMWの広報担当者は、本イベントについて「このような、都心においてメーカーが開催するプログラムで、公道での試乗などは存在するものの、お台場でスポーツ走行をおこなえることは、ほかには無い特徴だと思います」といいます。

 お台場 POWER SLIDEは、今後BMW Tokyoのホームページなどで募集受付がおこなわれる予定です(希望者多数の場合は抽選)。

 Mモデルを思い切り走らせたい人だけでなく、クルマを正確に走らせる技術を身に着けたい人にもおすすめのプログラムとなっています。

BMW Mモデルの実力を手軽に堪能!? 「お台場 POWER SLIDE」の内容を画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント