6万3900時間費やしてチューニングした、レンジローバー・ヴェラールが53台限定で日本上陸!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ミッドサイズ・ラグジュアリーSUV「レンジローバー・ヴェラール」の2020年モデルの限定モデル「レンジローバー・ヴェラール・SVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディション」の受注を、2019年11月28日からスタートしました。

世界で最も美しいクルマと称されたヴェラールの限定モデル

 2019年11月28日より、限定モデル「レンジローバー・ヴェラール・SVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディション」の受注が開始されました。スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が開発した最上級グレードの「レンジローバー・ヴェラール」とは、一体どこがスペシャルなのでしょうか。

53台のみ日本導入される、レンジローバー・ヴェラール・SVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディション
53台のみ日本導入される、レンジローバー・ヴェラール・SVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディション

 レンジローバー・ヴェラール・SVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディションは、SVOが緻密に設計、チューニングを施し、ハイパフォーマンスと洗練性に磨きをかけた最上級グレードです。
 
 SVOのエンジニアが6万3900時間を費やして、乗り心地、ハンドリング、レスポンスを最適化するために専用チューニングを施しています。
 
 専用チューニングが施されたのは、AWDシステム、電子制御アクティブ・ディファレンシャル(トルクベクタリング・バイブレーキ付)、8速クイックシフト・オートマチック・トランスミッション、EPAS、エアサスペンション・システムなどです。
 
 このほか7.1kg軽量化したエキゾースト・システムを採用しています。これは専用設計された可変バルブ・アクティブ・エキゾースト・システムを採用し、大迫力のエンジンサウンドを実現しました。
 
 フロントバンパーはエアインテークを拡大し形状を変更したことで、エアフローの流入が35%、流出が60%改善されています。
 
 また、排気系システムを見直すことで、ボディ下部のトランスミッション・トンネル・アンダートレイの形状の変更によって、エアロダイナミクスが改善され、走行安定性が向上しています。
 
 ブレーキには、395mm(フロント)、396mm(リア)の2ピース構造のディスク・ブレーキを専用設計し、ブレーキフィールと冷却効果の向上が図られています。
 
 レンジローバー・ヴェラール・SVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディションは、53台のみ日本に導入されます。
 
 外装色と台数、そして車両価格は次のとおりです。
 
 フジホワイト(5台)、サントリーニブラック(10台)、アイガーグレイ(10台)が、1768万8000円(消費税込み、以下同様)、バイロンブルー(5台)が1776万6000円、バイロンブルー/SVOプレミアムパレット・サテン(23台)が1862万7000円です。

SVOでスペシャル仕様にチューニングされたヴェラールを全部見る!(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント