新レコード樹立なるか!? 最速FF市販車 ルノー「メガーヌR.S.トロフィーR」が鈴鹿サーキットでタイムアタック

2019年5月、ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)で、前輪駆動(FF)の市販車として最速タイムを更新したルノー「メガーヌ ルノースポール(R.S.) トロフィーR」。そのタイムを叩き出したルノー・スポールのテストドライバー、ロラン・ウルゴン氏が来日し、2019年11月26日に鈴鹿サーキットでのタイムアタックに挑みました。

ルノー・スポールのトップガン、ウルゴン氏が鈴鹿で激走

 ルノー「メガーヌ ルノースポール(R.S.) トロフィーR」は、2019年5月、ドイツにあるサーキット、ニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)にて、7分40秒100を叩き出し、ホンダ「シビックタイプR」が2017年4月に記録した、7分43秒80を3秒以上更新、見事に市販車FFモデル最速の称号を取り戻しました。

メガーヌR.S.トロフィーRの鈴鹿サーキット走行シーン
メガーヌR.S.トロフィーRの鈴鹿サーキット走行シーン

 ちなみに、メガーヌR.S.でのニュル北コースタイムアタックの歴史は古く、2008年にメガーヌR.S.「R26R」が8分17秒、2011年にはメガーヌR.S.「トロフィー」が8分7秒97、そして2014年にはメガーヌIII R.S.「トロフィーR」が7分54秒36を記録しています。ここ数年では、ホンダのシビックタイプR、フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」と、FF市販車最速の称号を争っています。

 そんなメガーヌR.S.トロフィーRと、ニュル最速レコードを出した際のドライバー、ロラン・ウルゴン(Laurent Hurgon)氏が来日、三重県にある鈴鹿サーキットでタイムアタックをおこないました。その結果、2014年11月に、先代メガーヌR.S.トロフィーRが記録した2分28秒465を大幅に更新、2分25秒454のニューレコードを樹立しました。

※ ※ ※

 2019年11月26日。この日は日中でも10度前後までしか気温が上がらず、また天気もどんよりとした曇り空。路面状態はドライと、記録を狙うには絶好のコンディションです。

 鈴鹿サーキットのピットには多くのプレスが集まり、メガーヌR.S.トロフィーRを囲んで車両の撮影をおこなっています。そんななかでも、ルノー・スポールの開発ドライバーでトップガンのウルゴン氏は、穏やかにスタッフと談笑しています。

 14時、走行が始まりました。ウルゴン氏が操る右ハンドル仕様のメガーヌR.S.トロフィーRは、静かにピットロードを抜けていきます。そのまま一周、メインストレートを過ぎてアタックが始まります。トロフィーRはレース車両ではなく市販車ということもあり、ストレートを抜けていくエンジン音や排気音もそれほど大きくありません。

 プレスもルノー関係者も、ピットのモニターに映し出されるセクターごとのタイムチャートに注目します。一周してストレートに戻ってきたメガーヌR.S.トロフィーR。2分25秒961という記録で、先代トロフィーRの持つタイムを更新しました。

 ルノー・ジャポン関係者によると、「じつは昨日も走ったんですが、気温も高く、まだ1000kmも走っていないオロシたての新車ですので、2分26秒台後半くらいしか出ませんでした。ですので25秒台が出てホッとしています」

 ただし戻ってきたウルゴン氏に聞くと「3カ所くらいでシフトミスをしてしまったよ。シケインの飛び込みでもミスしてしまった」と、このタイムにはあまり満足していない様子です。

 今回、ルノー・スポールのアドバイザーとして、全日本スーパー耐久選手権などでも活躍するレーサーの谷口信輝選手も参加していました。「鈴鹿で一番速い男」の異名を持つその谷口氏がトロフィーRに乗り、アタックをおこないます。結果は2分25秒656と、さらに記録を更新しました。

 それから間を置き、タイヤを新品に交換。15時40分、再度ウルゴン氏が最後のタイムアタックに向かいます。

 ピットモニターに映し出されるタイムは、セクター1そしてセクター2と今までのベストタイムを上回り、期待が高まります。

 そしてシケインを抜けてストレートに戻ってくるトロフィーR。タイムは本日最速の2分25秒454。戻ってきたウルゴン氏は満面の笑顔。そして歓声と拍手に包まれました。

シビックタイプRよりも速い! FF最速のメガーヌR.S.トロフィーRを画像で見る(39枚)

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント