小型SUV市場にVW「T-クロス」参戦! 国産競合SUVに匹敵する200万円台で発売へ

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、フォルクスワーゲン(VW)SUVシリーズのなかでもっとも小さなコンパクトSUV、「T-Cross(T-クロス)」の受注を2019年11月27日より開始しました。

世界的に流行の最新BセグメントSUV

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンから、同ブランド内でもっとも小さいコンパクトSUV「T-Cross(T-クロス)」が登場しました。

T-クロス
T-クロス

 T-クロスの日本導入を記念して、導入記念特別仕様の「T-クロス TSI 1st(ファースト)」および、さらなる装備の充実を図った「T-クロス TSI 1st Plus(ファーストプラス)」の2モデルの受注を2019年11月27日から開始しました。車両価格はT-クロス TSIファーストが299万9000円(消費税込、以下同様)、T-クロス TSIファーストプラスが335万9000円です。

 T-クロスは、フォルクスワーゲン(VW)グループの生産モジュール「MQB」を採用したモデルで、全長4115mm×全幅1760mm×全高1580mm、ホイールベースは2550mmのコンパクトSUVです。ヨーロッパのクラス分けでいうと「Bセグメント」SUVというサイズになります。スペインにあるVWナバラ工場で生産されるモデルです。

 地上からのシート高は運転席/助手席は597mm、後席は652mmと着座位置は高めで、同じくVWのBセグメントモデル「ポロ」と比較すると約100mm高くなっています。これにより、どのシートに座っていても常に見晴らしの良い視認性が確保されています。また最小回転半径は5.1mで、日本の住宅地など細い路地でも運転がラクです。

 全長4115mmとコンパクトなサイズながら、2550mmのホイールベースを実現し、室内は大人5人が快適に乗車することが可能です。

 荷室容量は通常時で385リッター(VDA式)を確保。後席は前後スライドすることが可能で、後席を一番前にすると荷室容量は455リッターに拡大されます。

 また後席を完全に折りたたむと最大荷室容量は1281リッターになり。同セグメントのなかで最大クラスの容量を実現しています。

 搭載するエンジンは1リッター直列3気筒ターボの「1.0TSI」。最高出力は116馬力、最大トルクは200Nmで、7速DSG(DCT)と組み合わされます。WLTCモード燃費は16.9km/Lです。

「TSI ファーストプラス」グレードで選択可能なデザインパッケージには、ドアミラーやアルミホイール、シートなどの装備を、ブラック/オレンジ/グリーンの3つのカラーの中から選択が可能で、全8色のボディカラーと3つのデザインパッケージを組み合わせることで、全21パターンのバリエーションを選ぶことができます。

 今回登場したT-クロスの導入記念特別仕様車、TSIファースト/TSIファーストプラスのどちらのグレードにも、VW純正インフォテイメントシステム「ディスカバープロ」を標準装備しています。

 これは8インチの大型スクリーンにセンターボタンとダイヤルを採用。高い視認性とスムーズな操作性を実現しています。

 TSIファーストとTSIファーストプラスの違いは、TSIファーストではデザインパッケージが選択できないことのほか、TSIファーストは16インチアルミホイール+205/60R16タイヤなのに対し、TSIファーストプラスは18インチアルミホイール+215/45R18タイヤを装備。
 
 TSIファーストプラスにはレーンキープアシストシステムやハイビームアシスト、さらにパドルシフトやアンビエントライト、スポーツコンフォートシートが採用される点が異なります。

国産コンパクトSUVにガチンコ勝負! VW「T-クロス」を画像で見る(72枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 2,999,000円を200万円台と言い切るくるまニュース編集部に悪意を感じる