レクサス、新型電動SUV「UX300e」世界初披露! ブランド初の市販EVは人気SUVベースで2021年国内発売へ

レクサスは、同ブランド初の市販EV(電気自動車)となるSUVタイプのEV「UX300e」を、中国で開催されている広州モーターショー2019で世界初披露しました。主要自動車メーカーが続々とEVを発表するなかで、トヨタがレクサスブランドで送り出したEVとは、どんなモデルなのでしょうか。

レクサス初の市販EVはSUVタイプで登場!

 レクサスは、2019年11月22日から12月1日に中国で開催されている広州モーターショーで、同ブランド初の市販EV(電気自動車)モデル「UX300e」を世界初公開しました。

 主要自動車メーカーが続々とEVを発表するなかで、レクサスが発表した市販版のEVとは、いったいどんなクルマなのでしょうか。

レクサスが2019年11月22日に世界初披露した市販EV「UX300e」
レクサスが2019年11月22日に世界初披露した市販EV「UX300e」

 今回発表されたUX300eは、同社のコンパクトSUV「UX」をベースにEV化したモデルです。レクサスは2019年の東京モーターショーで、同ブランドが目指す電動化ビジョン「Lexus Electrified」を発表しましたが、UX300eはこのビジョンのもとで発表されたモデルとなります。

 UX300eは、ベースとなるUXの特徴でもある個性的なデザインや、高い利便性、取り回しやすさはそのままに、レクサスのEVならではの上質で「すっきりと奥深い走り」と、優れた静粛性が追求されています。

 ドライバーの運転感覚に寄り添った自然な加減速フィールと、最高出力204馬力/最大トルク300Nmの高出力モーターによる優れた加速性能を実現したほか、大容量バッテリーの床下配置により低重心化を実現。

 前後重量配分や慣性モーメントの最適化などにより、優れた運動性能を実現しています。容量54.3kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載され、航続距離は400kmを確保しました。

 また、パドルシフトにより減速度を4段階から選択することで、ガソリン車のエンジンブレーキと同じように減速操作ができるなど、EVの特性を最大限活かしながら自然な操作性を実現しました。

 車内の静粛性については、床下バッテリーに遮音壁としての機能を持たせたほか、エンジンやトランスミッションの音がないゆえに聞こえる風切り音や小石・砂などの巻き上げ音にも配慮し、室内空間の心地良い静けさを実現しています。

 ドライバーの自然な運転感覚を大切にし、アクティブサウンドコントロール(ASC)を採用することで、車両の走行状況を感じられるよう、サウンドにも配慮されています。

 UX300eは、レクサスのハイブリッドシステムの開発で培った知見を活かし、バッテリーの信頼性にもこだわって開発されました。低温/高温下でも正常に動作するようバッテリーに温度調整機能を備えるほか、過充電防止システムや、多重監視のセーフネットにより、高い信頼性を実現しています。

 また、専用アプリによるスマートフォンとの連携で、バッテリー残量や走行可能距離表示、充電の必要があるかを確認できるほか、充電完了までの時間を把握したり、出発時刻に合わせて充電が完了するようタイマーを設定することも可能となるなど、コネクティッド機能も充実しています。

 そのうえで、ベースモデルのUXが備えているデザイン性や機能性はUX300eにも継承され、車両全体での優れたパッケージングを実現しています。安全機能も抜かり無く、予防安全パッケージ「レクサスセーフティシステム+」が採用されました。

 UX300eは中国や欧州などを皮切りに順次発売され、日本での発売は2021年前半を予定しています。

レクサスの初EVはSUVタイプで登場! 迫力ある個性派デザインを画像で見る(37枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント