ポルシェ初のEVが日本初公開! 新型「タイカン」発表でポルシェも日本でEV市場参入へ

高級スポーツカーメーカーとして知られるポルシェは、2019年11月20日に同社初の電気自動車(EV)である「タイカン」を日本初公開しました。ポルシェが開発した初のEVスポーツカーは、いったいどんなモデルなのでしょうか。

ポルシェ初のEVスポーツカー 販売価格は現時点で未定

 ポルシェジャパンは、2019年11月20日にポルシェ初の電気自動車(EV)である「タイカン」を日本初公開しました。

 高級スポーツカーメーカーとして知られるポルシェが開発したEVのスポーツカーは、いったいどんなモデルなのでしょうか。

ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」
ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」

 新型タイカンは、前後に搭載した2基の永久磁石シンクロナスモーターで走行します。後輪用モーターには2速変速機構も組み込まれ、最上位モデルの「タイカンターボS」では最高出力761馬力を発揮し、静止時から100km/hに到達するまでの時間はわずか2.8秒です。

 航続距離は最長で463km(WLTP計測モード)に達する実用性を持つほか、静止時から200km/hまでの加速を26回繰り返した際のタイム差が1秒未満に抑えられるなど、信頼性も確保されています。

 ほかにも、世界最高レベルの高速な充電を実現する800Vシステムが採用されていることから、新型タイカンは高速充電性能も高い水準となっています。

 それを活かすためにポルシェジャパンは全国のポルシェセンターや公共施設に次世代CHAdeMOに対応した急速充電器を設置します。その充電出力は国内でもっともパワフルな150kWで、タイカンの車載バッテリーを30分以内に80%まで充電する能力を有します。

※ ※ ※

 新型タイカンの特徴は、EVとしての性能の高さだけではありません。新型タイカンはポルシェの伝統を忠実に受け継いでいて、ステアリングを通じて得られる安心感、安定性の高いハンドリング、快適な乗り心地など、ポルシェの各モデルに共通した特徴を持つといいます。

 また、内装面においても、ドライバーの正面に位置するメータークラスターをポルシェ初となるフルデジタル式として、最良の視認性を実現するために湾曲した形状をもつ16.8インチの大型ディスプレイを採用。

 さらには、ダッシュボードの中央に10.9インチのセンターディスプレイを配備し、ホーム画面からすべての機能に直接アクセスできるオペレーティングシステムも新たに採用しました。

 また、音声を通じて多彩な機能を操作できるボイスコントロールやスマートフォンからドアの施錠状態や駐車位置を確認できるコネクテッド機能の「Porsche Connect」(ポルシェコネクト)も装備。

 Apple Musicも搭載しており、サブスクリプション登録したユーザーであれば、タッチスクリーンを操作することによって5000万以上の楽曲を車内で楽しめます。なお、Apple Musicを車両の機能として組み込んだのは新型タイカンが世界初のクルマとなります

※ ※ ※

 ポルシェジャパンは、新型タイカンの日本初公開に合わせて、2019年11月20日より購入を検討するユーザーに向けた「期間限定タイカン予約プログラム」を開始しています。

 販売価格は発表時点では未定ですが、プログラムに登録するとユーザーにポルシェ正規販売店から連絡が入るということです。

 なお、ドイツ本国での価格は約1267万円から約2225万円に設定されています。

EVになってもスポーティ! ポルシェ新型EVスポーツカー「タイカン」を画像で見る

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント