AT車しか乗らないのになぜMT免許を取得する? AT免許の隠れた時短効果とは

新たに免許を取得する人にとって、MTも運転できる「普通自動車免許」(MT免許)か、ATのみ運転できる「普通自動車免許AT限定」(AT免許)のどちらかを選ぶのは悩ましいところです。新車の多くでATしか設定されない現在、なぜMT免許を取得したのか、インタビューしてみました。

新車のほとんどはAT車! なぜMT免許を取得した?

 ひと昔前は「MT車を上手に運転できること」がモテ男の必須条件でしたが、いまや新規普通免許取得者の約6割以上が「AT限定免許」(以下、AT免許)を取得する時代となっています。

 そもそも近年はデビューした新型モデルの約98%がAT設定のみという状況で、MT設定があるのは一部のスポーツカーやスポーティなグレードのみ。しかもATの進化に伴い多くの車種で「MTモード」を搭載しており、普段はATモードを使い、気分に合わせてMTモードを選択することが可能になっています。

 F1をはじめとするレースマシンですらセミATが当たり前のご時世だけに、自動車メーカーもMT設定を見送るケースが増えているのは必然なのかもしれません。

MT免許を取得した人はどれぐらいMT車に乗っているのか?
MT免許を取得した人はどれぐらいMT車に乗っているのか?

 そう考えると約6割を占めるAT免許で支障がないともいえますが、残りの約4割の人は、なぜMT車も運転できる普通免許(以下、MT免許)を取得したのでしょうか。

 また、免許取得後はMT車を運転しているのか、それともAT車しか運転していないのか。気になるポイントはいくつもあります。そこで、「MT免許」を取得したにも関わらず一般道ではAT車しか運転したことがない一般ユーザーに話を聞いてみました。

 まず話を聞いたのは、埼玉県在住の大学生Sさんです。Sさんは、次のように話します。

「MT免許を選んだのは、教習所の受講料を出してくれた父親のすすめからです。『MT車は減っているけど、いざというときにMT車でも運転できるようにしておけ』といわれました。ただ、そういう父親のクルマ(トヨタ『シエンタ』)もATですし、レンタカーもATしか借りたことがないです。

 いつかはスポーツカーに乗ってみたいとも思うのですが、日産『GT-R』もATなんですよね。運転スキルはさておき、私も運転をすること自体はできるわけですし」

 GT-Rに採用されているのは、正確には「DCT(デュアルクラッチトランスミッション)」ですが、クラッチ操作のいらない2ペダル車という意味では正解です。

 このように、「いざというとき」のためにMT免許を取得している人が多いのが現状のようです。自宅や周囲にAT車しかなかったから、というのも、AT車のみの運転になる要因のひとつとなっています。

 また、教習所で「MT免許」と「AT免許」では、受ける技能講習のコマ数が違います。公認教習所における技能教習の最低時限数は、MT免許が34時限であるのに対し、AT免許は31時限となっており(学科は共通で26時限)、通う日数が減ることで時短効果が期待できます。また、AT免許の方が料金も少し安くなっているのもポイントだといえます。

 クラッチ操作(シフトチェンジ時)で起こりうる「エンスト(エンジンストール)」を心配しなくていいという部分も踏まえ、女性だけでなく男性でもAT免許を選ぶ人が増えていると推測できます。

あなたは「AT」派?「MT」派? 色々なクルマのシフトノブを画像でチェック!

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

9件のコメント

  1. あのね。
    田舎ではね、祖父母の軽トラを運転してあげると喜ぶのよ。
    古い軽トラはMTだから。

  2. トラックなど荷積み荷降ろしで倉庫にホーム付けする微妙な動作は人が操るクラッチの断続の加減に勝るものは今のところは無いだろ
    まるごとシングルクラッチの5MTを自動化したドライビングロボットと呼ばれたいすゞの初期のNAVi5はクラッチが人の操作するクラッチの寿命の半分と言われてたからね、つまりクラッチが減ろうが機械はミートのタイミングが何時でも同じって話なんだろうね
    やはり変速時のトルク抜け以外はMT車の駆動伝達効率が一番良いことは何処のメーカーも認めているところなんだろ
    またボートなど載せたトレーラーや重量物を牽引した場合に多段ATやCVTは後ろから押される力には弱いミッションだとも言われてるよね。

    • ありがとうございます。大いに勉強になるコメントです。

  3. 欧州でレンタカー借りて、フルスロットルで走るのは楽しいですよ。車好きならどう?
    MT運転できると、随分と車両の選択肢が増えて、安い料金で借りることができて、旅が安く上がる。
    そもそも、店に、普段乗り程度の値段のATレンタカーの準備が無いかもしれない。

    • あの~フルスロットルをフルパワーと勘違いしてねーか?
      フルスロットルの踏みしろは単なる車側の演出だぞ

  4. 別に、トルクパワー曲線を頭に描きながら運転しましょうと言っているわけではないので。
    欧州でMTで走れると、安く上がって楽しいよっていうのが「話の主体」で、その楽しさの表現に使っただけ。記事の中の「いざという時」の一つの例だけど、そこの部分にはご意見ある?
    日本から年間1800万人が国外に出て、国際免許証は90か国以上で使えるが、AT車だけの国の数なんか限定的(特にCセグ以下やトラックはMT)。ATしか「乗られない」とは勿体ない。そんな発想も欲しい。

    • この記事もそうだがスポーツカーであったり各々充てられる変速機の在り方に用いる目的を何も理解していないね。
      何かとMTを操る楽しみに全開アクセルを表現に用いるは類別分別共に乏しい証だ。
      一部の記者は伝達効率に触れはするものの結局は毎度の操る実感や楽しみで幕引きだからね。
      AT=トルコンと言う頭が単にMTは楽しい?みたいな風潮に話をワープさせてるだけで何も響いてこないね
      途中工程を飛ばして完成品だけを賛する3分クッキングと何ら変わらんね。
      日本のトラックであれば日野のプロシフトにUDのエスコット、いすゞのスムーサー(昔はNAVI6)これらのATはMTを操作を機械に担わせるロボット型ATでMTの効率の良さを殺さずAT化した変速機で年式に置いては荷降ろしなどホーム付けの微調整を加味して人が操作するクラッチペダルもあった。
      これは乗用車から育った技術でいすゞはジェミニやアスカから巣だった以前から同じ技術は欧州などでは更に早く熟した物があったのは間違いないだろね。
      こーいう本腰な技術を出し惜しみしてきた原因はスポーツカーはMTで全開で速く?と言う車の本質を骨抜きにしたような買い手や乗り手が売り放題の買い放題の罠の鴨にされたからだろ
      最後に私に遠回しに遠くから切り返した方に言っておくがフルブレーキングを達成できるドライビングポジションを説いてからフルスロットルを表現に使ってはいかがかな?
      そうでなくても回避すらできぬ踏み放題の交通事情に全開を誉と思っている戯けが後を絶たないもんでね。

    • 表現なんぞと修正してくんなよ、フルスロットルはフルスロットルだろ
      イザッ!と言う時とは君のように欧州にでも遠征して貸し渡しの車を転がす時の事ばかりじゃあるまいに?
      普通免許から大型免許へ段階を踏むにしても運転歴を一切問わないような免許制度で限定無しの普通免許を取ってもペーパードライバーと同じくMTに乗らない期間が長ければイザッ!と言う時の肥やしにはならねーんじゃねーのか?
      自分の世界に浸るのは勝手だがフルスロットルなんてのは万国でも死語なんじゃねーかね?

  5. まあ自分はATはMT乗れる人の出世の椅子程度に留めるのが無難だと思うけどね
    CVTやAMTやトルコンも可変装置と言う角度から診たら車全体ではMTの理屈は匂ってるのだが何せ一部のアホなMT信者が余計なことぬかすから質が悪い!
    イザ!と言う時の為のMT免許じゃペーパーMTでイザ!役にたたんだろうし取ったら乗らなきゃダメだよね
    でも?くだらん燃費達成規準の壁が邪魔でMTは税制不利とか?今はクリーンディーゼルの登場でATもMTも味噌糞だけどね

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー