レクサス初の量販EVが中国で世界初公開へ! 日産やホンダに追いつくか!?

レクサスは、同ブランド初となるEVの市販モデルを、中国の広州モーターショー2019で11月22日に世界初公開します。はたして、どんなEVが登場するのでしょうか。

各メーカーからEVが続々登場! レクサスが放つ新型EVはどんなモデル?

 レクサスは、中国・広州市で2019年11月22日に開幕する広州モーターショー2019で、市販モデル第一弾となるEVを世界初公開します。

 近年、EVをはじめとする電動車がさまざまな自動車メーカーから発表されていますが、レクサスはどのようなEVを発表するのでしょうか。

新型EVが既存モデルのEV版として登場するか、独立した車種となるかは不明(写真はハイブリッドのレクサス「UX」)
新型EVが既存モデルのEV版として登場するか、独立した車種となるかは不明(写真はハイブリッドのレクサス「UX」)

 広州モーターショー2019は、2019年11月22日にプレスデ-がおこなわれ、12月1日まで公開されます。

 レクサスは、この広州モーターショー2019で公開される市販モデル第一弾のEVを皮切りに、中国や欧州を中心に世界各地のニーズやインフラ環境に応じて適材適所で電動車ラインアップを拡大していくといいます。

※ ※ ※

 2019年11月11日現在、このEVが新規車種として登場するのか、それともレクサスの既存モデルをベースにEV化されるのか、といった情報をはじめ、各種スペックについては明らかにされていません。

 一方、2019年11月4日まで開催されていた東京モーターショーでは、マツダ初の量産EVとして同社が欧州で発売を予定している新型「MX-30」を世界初公開したほか、ホンダも市販予定モデルの「ホンダe」を出展しています。

 量産EVで先行する日産も、SUVタイプの新たなEV「アリアコンセプト」を世界初公開するなど、数多くのEVが出展されました。

 レクサスも、同社の電動化ビジョンを象徴するEVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を世界初公開しており、広州モーターショー2019で公開される新型EVによって、レクサスは自社ラインナップの電動化に向けて、さらに歩を進めることになります。

 果たしてどのようなEVが登場するのか、11月22日の世界初公開が注目されます。

SUV人気でモデル数増加! レクサスのSUVラインナップを写真で見る(11枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント