世界初公開!ホンダ新型「フィット」を動画で速攻チェック!

東京モーターショー2019で、ホンダは新型「フィット」を世界初公開しました。どのようなクルマなのか、さっそく動画でお届けします。

会場からお届け!新型「フィット」どんなクルマ?

 ホンダの新型「フィット」が東京モーターショー2019にて、世界初公開されました。4代目モデルとなった、新型モデルにはどのような特徴があるのか、動画でチェックしてみましょう。

「世界初公開! 新型フィット」を動画でチェック

 2001年に発売された初代フィットは、コンパクトサイズのクルマでありながら室内は広く、低燃費で実用的なクルマとして大ヒットしました。

 コンパクトサイズでも室内を広くできたのは、燃料タンクの配置を工夫した「センタータンクレイアウト」というホンダ独自の技術でした。

 フィットはこれまで3代にわたって進化し、世界で累計750万台以上が販売されました。

世界初公開された新型「フィット」

 新型フィットには、個性豊かな5つのグレードが設定されます。

 SUV風グレード「クロスター」、ファッショナブルな「ネス」、リラックスできる空間を目指した「ホーム」、最上級グレード「リュクス」、そしてノーマルグレードの「ベーシック」です。

 先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全モデルで標準搭載するほか、ホンダ車専用の車載通信モジュール「ホンダ コネクト」を日本初搭載します。

 ハイブリッドモデルには、ホンダの2モーターハイブリッドシステムを、ホンダのコンパクトカーとして初めて搭載し「e:HEV」の名称で展開していきます。

 現行フィットのハイブリッドはモーターが1つで、エンジン走行をモーターがサポートするようなシステムでした。

 新たに採用される「e:HEV」では、通常は走行用モーターのみで走行し、状況に応じて発電用モーターやエンジンがそのサポートをするようなシステムになります。

 また坂道や高速道路など、モーターのみの走行では物足りない状況では、パワフルなエンジン走行も可能です。

 状況に応じてモーターとエンジンを使い分け、効率よく走行できるのが大きな利点です。なお、ホンダは2030年までに、世界で販売する4輪車の3分の2を電動化する計画です。

※ ※ ※

 新型フィットの国内発売は、2020年2月に予定され、東京モーターショー2019の期間中には、ホンダブースに展示されます。

世界初公開! 4代目フィットの詳細を画像で見る(19枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント