「アルヴェル」のライバル輸入車がマイナーチェンジ! メルセデス・ベンツ新型「Vクラス」登場

メルセデス・ベンツ日本は、2019年10月23日に新型「Vクラス」を発表、予約注文の受付を開始しました。

2.2リッターディーゼルターボ+7速ATの「V220d」

 メルセデス・ベンツ日本は、2019年10月23日に新型「Vクラス」を発表し、予約注文を開始します。

メルセデス・ベンツ新型「Vクラス」
メルセデス・ベンツ新型「Vクラス」

「Vクラス」は、1998年に欧州ミニバンとしては初めて日本に導入されたモデルで、ワイドでスクエアなスタイリングと広く上質な室内空間にアレンジ自在なシートを備え、プレミアムミニバンというセグメントを作りました。

 その後も2003年、2015年のフルモデルチェンジを経ながら、日本のユーザーニーズにあわせて装備や専用アクセサリーの拡充を図ってきたことで、累計販売台数は約3万台となるロングセラーモデルです。

 今回のマイナーチェンジで登場した新型Vクラスは、3点式シートベルト一体型シートや多彩なシートアレンジが可能なレイアウト、FR(フロントエンジン/後輪駆動)レイアウトなど、これまでのVクラスのコンセプトを継承しながら、圧倒的なプレミアム感を備えています。

 デザインは、フロントフェイスを中心に刷新。3つあったエアインテークを1つにまとめることで開口部が拡大したフロントバンパー、その左右にクロームを採用し、スポーティなデザインとなっています。

 インテリアでは、エクスクルーシブシートパッケージをオプション設定。これは2列目に高級感のあるエクスクルーシブシートを採用、上質な移動空間を提供します。またシートヒーターと、シートベンチレーターも備え、四季問わず快適な移動を実現します。

 シートは堅牢なシートレールを採用したフラットなフロアに、2列目は独立シート、3列目はベンチシートを配置。脱着可能なシートを採用しているため、2列目を後ろ向きにセットしたり、後席を2座のみにして「ショーファードリブン仕様」にしたり、2列目と3列目をすべて取り外して荷物を積載したりと、用途に合わせて多彩にアレンジすることが可能です。

 パワートレインは、全グレードともに163馬力/380Nmを発生する2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボ+7速AT「7Gトロニックプラス」を搭載。足まわりには「アジリティコントロールサスペンション」を標準装備、これはローダウンするとともにスタビライザーを採用することでロールが減少、高い走行安定性を実現しています。

 新型Vクラス発表を記念した特別仕様車「V260アバンギャルド ロング」も全国105台限定で登場。このモデルは211馬力/350Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載するもので、標準装備として安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」やAMGライン、本革シート、冷蔵庫付きセンターコンソール、そしてエクスクルーシブシートパッケージを用意しています。このモデルの配車は2020年1月を予定しています。
 
 車両価格は、「V220d」が740万円(消費税込、以下同)、「V220dアバンギャルド ロング」が764万円、「V220dアバンギャルド エクストラロング」が790万円、特別仕様車「V260アバンギャルド ロング」が950万円です。

プレミアム欧州ミニバン「Vクラス」がさらにプレミアムに! 画像を見る(13枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント