「59分までは違反じゃない」は本当? パーキングメーターやチケットの利用実態とは

比較的に交通量の多い都市部などで見かけることが多い、パーキングメーターやパーキングチケット。世間では、「超過時間前の59分までにクルマを移動すれば、駐車違反ではなく、お金もかからない」と噂されています。実際には、そのような利用方法は問題ないのでしょうか。

パーキングメーターの「59分まではセーフ」は本当?

 都市部などへクルマで出かけた際に見かけることの多い「パーキングメーター」や「パーキングチケット」。巷では、「駐車してから59分までに立ち去れば駐車違反ではなく、お金もかからない」という噂が出回っていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

徐々に増えつつある新型のパーキングメーター
徐々に増えつつある新型のパーキングメーター

 パーキングメーターとは、時間制限駐車区間内に設置され車両を感知して、駐車時間を自動的に計測する機械のことです。

 なお、時間制限駐車区間とは、「時間を限って同一車両が引き続き駐車できる道路の区間であることが道路標識などにより指定される道路区間」のことで、路面には白線で駐車枠が指定されています。

 利用者が公平に使えるように、1回に利用できる時間が決まっており、駐車できる時間は場所によって異なりますが、基本的に60分です。

 パーキングメーターと似ているタイプのもので、パーキングチケットという機械も存在します。これは、日時や駐車、車両ナンバーなどが印字されたチケットを車両に貼っておくことで利用を証明します。パーキングメーターは硬貨しか使えませんが、パーキングチケットは紙幣が使えることが多いのも特長といえます。

 では、前述の「59分までに立ち去れば駐車違反ではなく、お金もかからない」とい噂は、どのような状況なのでしょうか。

 この噂は、パーキングメーターに関するものです。基本的な60分タイプは、「制限時間を過ぎると駐車違反」となる旨が警視庁のホームページなどに記載されていることもあり、超過となる前の59分までに車両を移動すれば、お金を払っていなかったとしても違反にはならないという解釈になったのです。

 この解釈について、都内の警察署職員は、次のように説明しています。

「60分タイプのパーキングメーターで、『59分以内にクルマを移動すれば違反にならずお金が掛からないのは本当?』という趣旨のお問合せは過去にも頂いておりますが、回答としてはは59分以内でも駐車違反となります。

 機械の注意書きにも『すぐに手数料を入れてください』と書いてある通り、すみやかに指定されている手数料を支払う必要があります。

 ただし、小銭が用意出来ていない場合など近隣で両替などが必要なことも考えられるため、すぐに取り締まりをすることはあまりありません。

 また、パーキングチケットでは、チケットを掲示していないと駐車違反となることから、すぐに取り締まりをされる可能性もあります」

※ ※ ※

 あくまでもパーキング・メーターで取り締まりが即座におこなわれないのは、「利用者の諸事情を考慮して大目にみている」といいます。ただし、指定されている白線からはみ出しや標識上でパーキングメーターの利用時間外で駐車している場合でも、駐車違反として取り締まりされます。

緑のおじさんだ!取り締まり対象にならないために確認したいポイントを画像で見る!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント