ルノー「メガーヌR.S.トロフィー」が日本上陸 !「シビックタイプR」を超えニュルFF最速を奪ったモデルの血を受け継ぐ1台

ルノー・ジャポンは、「メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」のエンジンスペックを高めたスポーツモデル「メガーヌR.S.トロフィー」を発売、2019年10月31日から発売します。

メガーヌR.S.史上もっともパワフルなエンジンを搭載

 ルノー・ジャポンは、「メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」のエンジンを、300馬力/420Nm(EDCモデル)400Nm(MTモデル)まで高めた、「メガーヌR.S.トロフィー」を2019年10月31日から発売します。

「メガーヌR.S.トロフィー」の発表会に登壇したルノー・ジャポン 大極 司社長(写真左)とルノーF1 ニコ・ヒュルケンベルグ選手(写真右)
「メガーヌR.S.トロフィー」の発表会に登壇したルノー・ジャポン 大極 司社長(写真左)とルノーF1 ニコ・ヒュルケンベルグ選手(写真右)

 2019年4月5日、「メガーヌR.S.トロフィーR」がニュルブルクリンク北コースにおいて、それまでホンダ「シビックタイプR」が持っていたタイムを約3秒更新する、7分40秒100を記録、量販FF車最速となりました。

 今回日本に上陸したメガーヌR.S.トロフィーは、そのモデルのDNAを受け継ぐモデルです。

 搭載される1.8リッター直列4気筒直噴ターボエンジンの最高出力は、メガーヌR.S.の279馬力に対して21馬力向上した300馬力を発生します。

 同様に最大トルクは、メガーヌR.S.の390Nmに対して、メガーヌR.S.トロフィーの6速EDC(DCT)モデルは30Nm向上した420Nm、6速MTモデルは10Nm向上した400Nmを発生、メガーヌR.S.史上もっともパワフルなエンジンとなりました。

 アクセル応答性向上のため、ターボチャージャーにはF1でも使用されている「セラミックボールベアリングシステム」を採用、摩擦が従来のスチールボールベアリングシステムと比較して3分の1に低減し、ターボ応答性を向上しました。

 また、メガーヌR.S.トロフィーには、任意のエンジンサウンドを選択できる「アクティブバルブ付きスポーツエキゾースト」が採用されました。

 これはマフラー内に設けられた2つの排気ルートのひとつに機械式バルブが取り付けられ、バルブが閉じられると低周波数を除去し、中周波数を最適化した、騒音レベルを抑えた日常使用に適したサウンドになります。一方、バルブが開くと排気はより直接的な経路をとおり、スポーツモデルにふさわしいエンジンサウンドになります。

 メガーヌR.S.トロフィーには、低速走行時は後輪を前輪とは逆位相に、高速走行時は後輪は前輪と同一方向に動く4輪操舵システム「4コントロール」や、ダンパー底部に組み込んだセカンダリーダンパーにより最適な減衰力が得られる「4輪HCC」という、メガーヌR.S.にも採用されている装備も標準で採用されています。

 それに加えて、限定車の「メガーヌR.S.カップ」に採用されていた、標準モデルよりもスプリングレートをフロントで23%リアで35%、さらにダンパーレートを25%高めた「シャシーカップ」、最適なトルク配分とドライバビリティの向上を実現させる「トルセンLSD」、鋳鉄製のVディスクにアルミ製ハブを組み合わせ、標準モデルよりも1個あたり約1.8kgの軽量化を達成した「ゼンリンアルミ製ハブ/鋳鉄製ベンチレーテッドディスク」が採用されています。

 また、メガーヌR.S.トロフィー専用装備として、19インチアルミホイール「TROPHY」、TROPHYデカール、RECARO製アルカンターラフロントバケットシート、R.S.用ナパレザー/アルカンターラステアリング、手動パーキングブレーキ(MT)が用意されます。

 車両価格は、メガーヌR.S.トロフィーEDCが499万円(消費税込み、以下同様)、メガーヌR.S.トロフィーMTが489万円です。

ニュルFF最速モデルの血を継ぐ「メガーヌR.S.トロフィー」の画像を見る(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント