• くるまのニュース
  • ニュース
  • メルセデス・ベンツ「Eクラスクーペ/カブリオレ」を改良 1.5リッターターボ+新技術BSGを搭載した新「E200」が登場

メルセデス・ベンツ「Eクラスクーペ/カブリオレ」を改良 1.5リッターターボ+新技術BSGを搭載した新「E200」が登場

メルセデス・ベンツ日本は、「Eクラスクーペ/カブリオレ」に、効率化と高性能化のための新技術「BSG」と「48V電気システム」を採用した「E200」「E200スポーツ」を導入し、2019年10月7日に発売しました。

1.5リッターターボに新技術を搭載した新「E200クーペ/カブリオレ」

 メルセデス・ベンツ日本が2019年10月7日に導入した「Eクラスクーペ」「Eクラスカブリオレ」ですが、E200とE200スポーツに効率化と高性能化のための新技術「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」と「48V電気システム」を採用したのが特徴です。

Eクラスクーペ&カブリオレ
Eクラスクーペ&カブリオレ

 E200、E200スポーツに搭載されるエンジンは、2019年3月にEクラスセダンの「E200」に搭載されたものと同様の、184馬力/280Nmを発生する1.5リッター直列4気筒ターボエンジン。ターボチャージャーにツインスクロール式を採用したほか、可変バルブタイミング「CAMTRONIC(カムトロニック)」も搭載しています。

 このエンジンに、BSGと48V電気システムが組み合わされます。

 BSGとはベルトを介してクランクシャフトと接続される、スターターとジェネレーターを兼ねるモーターで、回生ブレーキなどにより発電した電気を薬1kWhのリチウムイオン電池に蓄電。振動の少ないエンジン始動や、なめらかで力強い加速、素早いギアシフトなど、必要に応じて最大160Nmの動力補助をおこないます。

 これにより、燃費低減効果だけでなく、パワートレインの総合性能を引き上げます。またウォーターポンプが電動化され、冷却能力を必要に応じて最適に調整可能になったことで、さらに効率化されています。

「E300スポーツ」には、2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載しています。従来のE300クーペ スポーツと比較して最高出力が13馬力向上、258馬力を発揮します。

 Eクラスクーペの車両価格は、「E200クーペ(BSG搭載モデル)」が733万円(消費税込、以下同様)、「E200クーペ スポーツ(BSG搭載モデル)」が804万円、「E300クーペ スポーツ」が888万円、「E450 4マティック クーペ スポーツ」が1129万円、「メルセデスAMG E53 4マティック クーペ」が1263万円です。

 Eクラスカブリオレの車両価格は、「E200カブリオレ(BSG搭載モデル)」が770万円、「E200カブリオレ スポーツ(BSG搭載モデル)」が841万円、「E300カブリオレ スポーツ」が925万円、「E450 4マティック カブリオレ スポーツ」が1186万円、「メルセデスAMG E53 4マティック カブリオレ」が1320万円です。

パワートレインが大きく変わった! Eクラスクーペ/カブリオレを画像で見る(46枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント