カロッツェリア 動画配信サービスに対応したフラッグシップカーナビ 新型「サイバーナビ」を発表

2019年10月2日、パイオニアのカロッツェリアブランドから販売しているフラッグシップカーナビゲーション「サイバーナビ」がフルモデルチェンジをおこないました。新型サイバーナビの一番の目玉は、車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応し、カーナビ単体で動画配信サービスなどが利用できる点です。

新型「サイバーナビ」は、YouTubeやPrime Videoをスタンドアローンで視聴可能!

 2019年10月2日、カロッツェリアの「サイバーナビ」がフルモデルチェンジをおこないました。 新型「サイバーナビ」の最大のトピックは、市販カーナビゲーションとして初めて、車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応したことです。

カロッツェリア 新型「サイバーナビ」
カロッツェリア 新型「サイバーナビ」

 付属、もしくは別売のネットワークスティックを接続して「docomo in Car Connect」を使うことで、車内にWi-Fiスポットを構築することが可能になります。

 NTTドコモ(以下、 ドコモ)ならではの高速データ通信が定額(1日500円、30日1500円、365日12000円の3つの利用期間から選択可能)で使い放題になるので、 通信容量を気にすることなくさまざまなサービスを利用することができます。

 Webブラウザ機能を使ってYouTube動画を簡単に再生できる「ストリーミングビデオ」機能や、 家庭用ブルーレイレコーダーの映像・録画コンテンツを遠隔で再生できる「レコーダーアクセス」など、ネットワークを介して映像を楽しむ新機能の搭載により、 車内で映像コンテンツを存分に楽しむことができます。

 また、 高精細なハイビジョン再生を実現し、 その音をハイレゾ音源相当の音質にアップグレードする独自技術も搭載。 サイバーナビならではの優れたナビ能力はそのままに、 コンソールにフィットするフルフラットデザインと新インターフェースの採用によって、操作性と機能性を向上させています。

 さらに、 ネットワーク接続環境下であれば、 道路や施設などの地図情報をいつでも更新できる「自動地図更新」を新たに搭載し、 常に最新の地図情報で快適なドライブを楽しめるようにもなりました。

カロッツェリア 新型「サイバーナビ」の主な特徴

・車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応

 市販カーナビゲーションとして初めてドコモの車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応。

 付属もしくは別売のネットワークスティックを接続すれば、 ドコモの高速データ通信を定額で制限なく利用できるうえ、 本体をデータ無制限のWi-Fiスポットとして使うことができます。

カロッツェリア  新型サイバーナビ
カロッツェリア  新型サイバーナビ

  また、 手持ちの「Amazon Fire TV Stick」を接続すれば、 Amazon Prime Videoのコンテンツもデータ容量を気にすることなく楽しめます。 ネットワークスティックセットのDCモデルを購入した場合は、 「docomo in Car Connect」を1年間無料で使用することができます。

・ネットワーク経由で映像・動画を楽しめる充実したオンデマンド機能

 Webブラウザ機能を使ってYouTube動画を簡単に再生できる「ストリーミングビデオ」を搭載。 これまではスマートフォンやタブレットでしか視聴できなかった動画も、 大画面で簡単に操作・再生が可能です。

 さらに、家庭用ブルーレイレコーダー内の映像コンテンツを手軽に遠隔再生できる「レコーダーアクセス」機能を新たに搭載。 ペアリング専用アプリ「DiXiM Play for carrozzeria」をインストールしたスマートフォンと自宅のブルーレイレコーダーをペアリングし、 そのスマートフォンをペアリングすれば、 DVDなどにダビングすることなく車載機器で録画番組のストリーミング再生を楽しめます。

 また、 遠方へ出かけた際に自宅エリアの放送局のテレビ番組を視聴できることに加え、 これまで車載機器では実現できなかったBS放送、 CS放送の視聴も可能です。

・サイバーナビならではの高画質・高音質再生を実現

 高精細なハイビジョン再生を実現し、 その音もハイレゾ音源相当にアップグレードする機能により、 映像コンテンツのクオリティを最大限まで引き上げて楽しめます。

・自動地図更新機能を搭載

 最新の道路や施設情報を自動でダウンロードし、 地図を更新する「自動地図更新」機能を新たに搭載。 ユーザー登録などの事前準備をすることなく、 ネットワーク経由で日々変化する道路情報を自動でアップデートするので、 常に最新の地図でのドライブを実現します。

・フルフラットデザインを採用

 クルマのコンソールと一体感のある高品位なフルフラットデザインを採用。 ホーム画面やAV画面のデザインも一新され、 先進性溢れる操作感と機能美を実現しています。 また、 インテリアに合わせてフラットキーのイルミネーションカラーを変更することができます。

 そのほかにも、新型サイバーナビにはパイオニアが長年培ってきたナビゲーション性能や技術、そして圧倒的なエンターテイメント性能が搭載されました。

※ ※ ※

 発表会に登壇した、パイオニアのモビリティプロダクトカンパニーCEO高島直人氏は、「自動車メーカーが提供しているコネクティッドサービスは、安全や安心性能に特化したものが多いですが、エンターテイメント性能はまだ未成熟と我々は考えています。

 この新型サイバーナビは、クルマのなかでもまるで自宅のようにくつろげて、出かけるたびにワクワクするカーナビゲーションです。このモデルを市場投入することによって、パイオニアカロッツェリアは、クルマに真のオンライン化を提案します」とコメントしました。

全てが大幅進化! カロッツェリア 新型「サイバーナビ」を詳しく見る

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 久しぶりにカロッツエリアの話を聞いた感じがする。
    Wi-Hi対応なんて非常に興味がある。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー