いつ市販化する!? ワクワクが凄かった! 東京モーターショーのコンセプトカー5選

2019年10月25日から「第46回東京モーターショー2019」の一般公開が始まります。これまで、数々のコンセプトカーが出展され、市販化されたモデルもありました。そこで、過去の東京モーターショーで出展されたスポーツモデルのコンセプトカーを5車種ピックアップして紹介します。

「東モ」を彩ったスポーツモデルのコンセプトカーたち

 2019年10月23日から「第46回東京モーターショー2019」のプレスデーが始まり、10月25日からは一般公開されます。すでに各メーカーから続々と出展概要が発表され、さまざまなコンセプトカーが明らかになってきました。

 そこで、過去の東京モーターショーで出展されたコンセプトカーのなかから、とくに話題となったスポーツモデル5車種をピックアップして紹介します。

●日産「スカイラインGT-R」

評判はイマイチながら会場での人気はピカイチだった「スカイラインGT-R」のコンセプトカー
評判はイマイチながら会場での人気はピカイチだった「スカイラインGT-R」のコンセプトカー

 1989年に16年ぶりとなる復活を遂げた日産「スカイラインGT-R」(R32型)は、その高性能さで大いに話題となります。

 スカイラインは好調なセールスを記録していましたが、当時は4年毎にフルモデルチェンジが一般的だったので、1993年にはスカイラインが次期型のR33型にフルモデルチェンジします。しかし、GT-RはR32型が継続して販売され、新型には移行しませんでした。

 そして1993年10月に開幕した第30回東京モーターショーの日産ブースに、次期型スカイランGT-Rが展示されると賛否両論の意見が沸き起こります。

 次期型スカイランGT-RはR33型をベースとして正常進化を遂げているはずでしたが、とくにデザインについては否定的な意見が見受けられました。その多くは、スカイラインGT-Rとしてあまりにも鈍重なイメージで、精悍さが無いというものでした。

 実際、ボディサイズは大型化していましたが、フロントフェイスは先代のキープコンセプトとしていたためか、かなりあっさりとした印象でした。

 そこで、日産はデザインを大幅に変更し、モーターショーから1年以上も経った1995年に新型スカイラインGT-Rを発売します。

●ホンダ「SSM」

待望のホンダ製FR車として期待が高かった「SSM」
待望のホンダ製FR車として期待が高かった「SSM」

 1995年に開催された第31回東京モーターショーで、ホンダブースに展示されたオープン2シーターのコンセプトカー「SSM」が大いに話題となりました。

 SSMは「Sports Study Model(スポーツスタディモデル)」の略で、後の「S2000」のスタディモデルです。

 エンジンは当時製造していた2リッター直列5気筒をベースにしたものを、フロントに縦置きに搭載し、リアを駆動するFRレイアウトを採用していました。

 外観は、すでにS2000のイメージを色濃く持つ、ロングノーズショートデッキの古典的なスポーツカーのプロポーションを進化させたイメージで、来場者にはかなり好評でした。

 ヘッドライトの位置やルーフの取り付けを想定していない外装は、あくまでもコンセプトカーとしてのデザインでしたが、ホンダのFR車復活に対する期待が、かなり高まりました。

 そして4年後の1999年にS2000のデビューによって、期待が現実になります。

●マツダ「RX-EVOLV」

「RX-8」につながるスタディモデルの「RX-EVOLV」
「RX-8」につながるスタディモデルの「RX-EVOLV」

 1999年の第33回東京モーターショーにマツダブランドのイメージリーダーカーとして「RX-EVOLV(エボルブ)」が出展されました。

 RX-EVOLVは、新開発されたMSP(マルチサイドポート)ロータリーエンジン「RENESIS(レネシス)」をフロントに搭載するFR車で、自然吸気で最高出力280馬力を目標に設定。

 ボディサイズは「RX-7」とほぼ同じながら、前後ドアが観音開きになる4ドアを採用し、大人4人が快適に過ごせる居住空間を確保しながらスポーツカーとして優れた運動性能を同時に実現していました。

 RX-EVOLVの内外装のコンセプトはそのまま2003年に発売された「RX-8」として結実したのはいうまでもありません。

GT-RやS660もあり! スポーツモデルのコンセプトカーを画像でチェック(30枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント