日産「NT100クリッパー」に安全装備充実の新グレードが登場!「サポカーSワイド」にも認定

日産は「NT100クリッパー」へ新たに「DX セーフティ パッケージ」を追加するなどの一部仕様変更をおこない、2019年9月26日に発売しました。

新設定の「DX セーフティ パッケージ」はさまざまな安全機能を装備

 日産は、軽トラック「NT100クリッパー」の一部仕様変更をおこない、2019年9月26日より発売しました。新たなグレードも登場しましたが、いったいどのような点が変更されたのでしょうか。

一部仕様変更を受けた日産「NT100クリッパー」
一部仕様変更を受けた日産「NT100クリッパー」

 今回おこなわれた一部仕様変更では、「DX セーフティ パッケージ」グレードが新しく追加設定されました。

 DX セーフティ パッケージは、「ハイビームアシスト」や「LDW(車線逸脱警報)」、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」、「インテリジェント DA(ふらつき警報)」、「踏み間違い衝突防止アシスト」、「オートライトシステム」、「VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])」、「ヒルスタートアシスト」、「先行車発進お知らせ」などを標準装備しています。

「GX」グレードにも同様の先進安全装備を標準装備とし、これらふたつのグレードは経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「サポカーSワイド」の該当車となりました。

 NT100クリッパーの価格(消費税10%込)は、89万3200円から133万9800円です。DX セーフティ パッケージは105万3800円からとなっています。

 なお、NT100クリッパーは、スズキ「キャリイ」のOEM車です。

安全性能が進化! 日産「NT100クリッパー」の写真などを見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント