【動画】日本にぴったりなマツダ新型SUV「CX-30」登場! 細かな部分をチェック!

マツダは、国内SUVラインナップで4車種目となる新型「CX-30」を発表しました。同社には、CX-3、CX-5、CX-8とSUVが設定されていますが、新型CX-30にはどのような特徴があるのでしょうか。

国内4車種目となる新型SUV「CX-30」

 マツダは2019年9月20日、新型SUV「CX-30」の国内モデルを発表しました。マツダのラインナップに全く新しいSUVが追加されますが、どのようなクルマなのでしょうか。

新型クロスオーバーSUV「CX-30」を動画でチェック

 新型CX-30のもっとも重要なポイントはボディサイズです。大きすぎず小さすぎず、国内でファミリー層が使用するにはぴったりなサイズ感のSUVです。

 マツダは、コンパクトSUVのなかでも小さい部類の「CX-3」と、ミドルサイズSUVの「CX-5」との間にラインナップの隙間があると考えていました。ファミリー層で使う場合、CX-3では後席がやや狭く、CX-5では車体がやや大きいという声が多かったといいます。

 そこで新型CX-30は、CX-3とCX-5の間に位置するボディサイズで設計されました。全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mmというサイズは、一般的な立体駐車場に収まるように設計され、車体が大柄になりがちなSUVでありながら、国内の狭い道路環境に十分対応できるサイズ感です。

 ボディサイズはコンパクトにおさめつつ、大人4人がゆったり座れる室内空間と、使い勝手のいい荷室空間を実現。たとえば、前席の左右座間距離は740mmで、1サイズ上のCX-5と同等。荷室の開口幅は1020mmで、大きめのベビーカーが収納できるサイズとなります。

マツダの新世代商品第二弾「CX-30」

 マツダは、CX-30をファミリー向けのSUVとして開発したといい、担当者は次のように説明しています。

「これまでSUVは、レジャーに使うというイメージでしたが、最近では日常使いのファミリーカーとして認知されてきています。

 ファミリーが使えるコンパクトクロスオーバーを定義し直して開発したのがCX-30です。CX-30ができたので、CX-3、CX-5、CX-8といったほかのSUVそれぞれの個性が際立つと考えています」

※ ※ ※

 近年のマツダはミニバンから撤退し、SUVラインナップを充実させてきました。新型CX-30はマツダSUVラインナップに新しい選択肢を提供するとともに、2019年から始まったマツダ新世代の中核モデルとして、これからのマツダを担う重要なモデルになりそうです。

ついに出た新型CX-30! 進化ポイントを画像で見る(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント