打倒日産「リーフ」!? 本気のフォルクスワーゲンが「ID.3」で仕掛けるEV戦略とは

フォルクスワーゲンは2019年9月に開催されたフランクフルトモーターショーで、新型「ID.3」を発表しました。同社にとってかなり気合いの入ったモデルとなっているようですが、どんなクルマなのでしょうか。

「ID.3」一色に染まった発表会場

 まさか、ここまでやるとは思いませんでした。フォルクスワーゲンのお膝元、ドイツでおこなわれたフランクフルトモーターショー2019で、フォルクスワーゲンの発表ブースがEV(電気自動車)の「ID.3」で埋め尽くされました。

 発表現場では集まった世界中のメディア関係者が「近未来のゴルフがすべて、EVになってもおかしくはない」と感じたほど、大々的なデビューです。ID.3とは、いったいどんなクルマなのでしょうか。

フォルクスワーゲン新型「ID.3」
フォルクスワーゲン新型「ID.3」

 量産型ID.3のボディサイズは、全長4261mmx全幅1809mmx全高1552mm。全長では日産のEV「リーフ」より若干短いですが、実車を見た感覚ではリーフとほぼ同じ大きさ感です。

 そして、外観デザインは次期「ゴルフ」といわれてもおかしくないほど、フォルクスワーゲンの王道デザインに感じます。

 ベースグレードでは19インチタイヤ、そして上級グレードには20インチタイヤを装着。足元を見ているだけで、走りの良さを予感させます。

 運転席に座ってみると、ここでも次期「ゴルフ」を感じさせるようなフォルクスワーゲンの伝統デザインのモチーフがあります。その上で、EVらしいデジタルなディスプレイが並びます。

 リーフが技術的な先端性をモチーフとしているのに比べて、ID.3はファッショナブル系のデザインです。

 こうしたデザインコンセプトは、内装だけではなく、発表ブース全体の演出でも感じます。20代の若者にもアピールできるブランド戦略として、ファッショナブルだと感じるのです。その意味でも、フォルクスワーゲンのID.3に対する本気度が高さが分かります。
 
 EVとして気になるのが、満充電での航続距離。今回発表された、発売記念モデル「ID.3 1st (フォースト)」は58kWhのバッテリーを搭載して420km走行することができます。

 車両本体価格は、3万ユーロ(約356万円)。今後、エントリーモデルとして45kWhバッテリー搭載モデル(航続距離330km)と長距離に対応した77kWhバッテリー搭載モデル(航続距離550km)の発売も決まっています。

 フォルクスワーゲンは、今後10年間に合計20モデル以上のEVで合計1000万台以上を発売すること明らかにしています。そのなかでは当然、先陣を切った「ID.3」が大黒柱になることは間違いありません。

 つまり近未来には、ID.3が現在の主力モデルであるゴルフにとって代わり、フォルクスワーゲンの主役になる日が来るのだと思います。

フォルクスワーゲンの未来を左右する!? 新型「ID.3」を写真で見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Writer: 桃田健史

ジャーナリスト。量産車の研究開発、自動車競技など、自動車産業界にこれまで約40年間かかわる。
IT、環境分野を含めて、世界各地で定常的に取材を続ける。
経済メディア、自動車系メディアでの各種連載、テレビやネットでの社会情勢についての解説、
自動車レース番組の解説など。
近著に「クルマをディーラーで買わなくなる日(洋泉社)

最新記事

コメント