• くるまのニュース
  • ライフ
  • 日産新型スカイラインの受注が好調! 世界初の運転支援と若者を虜にするスポーティさが成功の鍵

日産新型スカイラインの受注が好調! 世界初の運転支援と若者を虜にするスポーティさが成功の鍵

日産新型「スカイライン」の受注が好調で、約1か月半で1760台を受注しました。ハイブリッドモデルは世界初の「プロパイロット2.0」を搭載し、ガソリンモデルはスカイライン史上最高馬力のモデルも登場するなど、日産を代表するモデルとして大きく進化しています。

技術の日産を象徴する新型「スカイライン」

 2019年9月17日にマイナーチェンジして発売される日産新型「スカイライン」が、受注を開始してから約1か月半で、月間目標の約6倍近くとなる1760台の受注を獲得したことがわかりました(月間目標は200台)。

スカイライン史上最強! 405馬力の「400R」
スカイライン史上最強! 405馬力の「400R」

 2018年のスカイラインの年間販売台数は約2000台だったので、新型モデルは受注開始約1か月で、昨年の約4分の3の受注をすでに得たことになります。

 1760台のグレード別受注は、ハイブリッドモデルが全体の48%、ガソリンモデルが52%となっています。

 新型スカイラインのハイブリッドモデルは、先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を世界初採用しました。

「プロパイロット2.0」とは、高速道路の同一車線内でハンズオフ可能なナビ連動ルートを実現したシステムで、ドライバーが常に前方を注視してハンドルを確実に操作できる状況であれば、同一車線内での手放し運転が可能となります。

 なぜ今回、世界で初めてとなる「プロパイロット2.0」が新型スカイラインに搭載されたのでしょうか。新型スカイラインの開発を担当した丸地氏は、次のように説明します。

「世界初の新技術は、国内のモデルに最初に搭載するというのが日産の考え方です。電気自動車『リーフ』にしても、『セレナ』の『プロパイロット』にしても、初めて販売したのは国内です。そのため、今回の『プロパイロット2.0』についても、まずは日本で出すことにしました。

 どのクルマに搭載しようかと考えたときに、時代の最先端の技術を搭載してきたスカイラインが最適だと考えました。スカイラインは、もともと高度な安全技術を搭載していたこともあり、『プロパイロット2.0』を実現できると判断したためです。

 また、スカイラインは、日産車のなかでもいちばん歴史が古く、60年以上も継続してきた伝統のあるモデルです。そのスカイラインに搭載することで、技術の日産を象徴するという意味も込めました」

 ガソリンモデルは、3リッターV型6気筒ツインターボエンジン(VR30DDTT型)を新たに搭載しました。304馬力とパワフルなエンジンで、アクセルを踏んだ瞬間から強い加速を味わうことができます。

 さらに、スカイライン史上最高の405馬力を実現した「400R」も登場。エンジンは304馬力のものと同じ3リッターV型6気筒ですが、「400R」専用にチューニングを施すことで最高出力がアップ。シャシ性能の向上や世界初のダイレクトアダプティブステアリング、インテリジェントダイナミックミックサスペンションが採用され、よりスポーティな走行性能を実現しました。

 とくに「400R」が予想以上に好調で、ガソリンターボのうち、「400R」が半分を占めています。セダンの購入者は50代以上と年齢層が高いのですが、「400R」の購入者は40代が3割近くを占め、20代・30代の若い世代の比率がほかのグレードより高いといいます。また、これまで日産車以外に乗っていたユーザーが約2割を占めているといいます。

 セダンの人気がないといわれている昨今で、スカイラインが若者に受け入れられているという状況は異例ともいえるでしょう。
 
※ ※ ※

 デザインは、最近の日産車に用いられている「Vモーショングリル」を採用し、これまで以上に若々しい印象に一新しました。

 なお、従来型は日産が海外で展開するインフィニティのバッジを装着していましたが、新型スカイラインでは日産のバッジに変更されています。

 ハイブリッドモデルは「プロパイロット2.0」の搭載で最先端の安全性能を、ツインターボエンジンを搭載したガソリンモデルはスポーティな走行性能を実現するなど、好みで選べるラインナップも新型スカイラインの魅力です。

 新型スカイラインは、日産を代表するモデルとして、新たな一歩を踏み出したといえそうです。

オジさんセダンから脱却! 若者にも人気の新型「スカイライン」の画像を見る(48枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. この車FRでありながらFFのカムリより回転半径の大きな小回り効かない外国向けの設計の旧車だよね
    とにかくV35以来まったく立ち位置すら失った車にスカイラインを継承させた辺りで完全に転けているのだが未だゴーンの亡霊に取り付かれた車作りは自国の産業が産み出した車とは到底思えないね
    R34とV35では与えられた使命が全く違うにも関わらず日産はV35をそのまんま日本市場に下ろしてしまったし
    座間で生産されたサニーと駄作のティーダ以上の格差と言うか?
    早い話がスカイラインを作ればいいだけの簡単な話なのだがね
    TOYOTAもカローラを作る信念があればカローラスポーツのような名前で売り込むような車は出てこなかったろ

  2. 銀座で実車も見たし、そもそもスクープ段階から全く興味も湧かなかったけど…何が良いんですかね?教えてください!

  3. フロントマスクのエンブレムがダサい。リアはいいのに。

  4. スカイラインという名前じゃなかったらいい車なのだろう。

    スカイラインはR32のGTS-tタイプMまで。

    他の方がコメしてるように、「スカイライン」を作ってくれ、「スカイライン」を。

    プロパイロットも要らん。

    直6エンジン2000のツインカムターボ。これを300万以内で。

  5. このマイチェンは売れないと思っていたのに「若者を虜」とかいうから読んでみたら、完璧な提灯記事。他のグレードよりちょっと若者が多いという相対値で言うのは無理がある。
    『スカイラインを作れ』とかいうコメントもあるけど、スカイラインなんて「イキったおっさん専用車」だったし、今はそういうおっさんはアルヴェル買うからどう転んでも売れるわけがない。
    直6エンジン2000のツインカムターボ?そんなレトロ仕様誰が買うの?未だに西部警察が好きとかいうんだろ。クルマをどんどん爆破できた時代と違うんだよ。無駄なCO2が排出されるだろうが。
    未だに昔のスカイラインが売れるとかいうやつは亡霊。早く成仏しろ。そうしないと本当にスカイラインは死ぬ…というか手遅れだろうな。
    40歳で初老だから、老人。40歳未満でスカイラインがスポーティと思う人はいない。クラウンアスリートのような所有欲も満たさないし、なんか昔流行ったらしいおじいちゃんが乗っていたクルマに、誰が乗りたいねん。スバルのかつてのB4、今ならS4あたりが目指すべきポジションだけど、ここまで値を上げたらもう無理だろう。