新型「スカイライン」は本当に手放し運転できる!? 技術の日産が実現した世界最高レベルの安全性能とは

2019年9月から発売される日産新型「スカイライン」は、世界初となる「プロパイロット2.0」を搭載しました。プロパイロット2.0の手放し運転が話題になっていますが、一体どのような機能なのでしょうか。実際に高速道路を走行して試してみました。

技術の日産を具現化した新型「スカイライン」の実力とは?

 日本を代表する名車である「スカイライン」ながら、日産の経営危機のたびに紆余曲折を余儀なくされてきました。

 とくに厳しかったのが現行モデルです。インフィニティのエンブレムを取り付けられたり、ゴーンさんの「メルセデス・ベンツと仕事をしたい」という強引な意向により、乗って面白くないし性能的な特徴無く高価なだけというベンツ製エンジンも積まされていました。

プロパイロット2.0を搭載した日産新型「スカイライン(ハイブリッド)」
プロパイロット2.0を搭載した日産新型「スカイライン(ハイブリッド)」

 しかし、新型スカイラインは、久し振りに「往年の名車」の風格を感じさせます。スカイラインのターゲットユーザーに近いだろう筆者(国沢光宏)から見たときの「凄くいいね!」はひとつ、「いいね!」もひとつ。ふたつとも決定的な魅力になると考えます。

 500万円代後半という価格レンジからすれば輸入車と迷うけれど、スカイラインは間違いなく国産車代表といえます。

 まず「凄くいいね!」。これは、世界で初めて搭載された「プロパイロット2.0」でしょう。日産のCMのおかげで手放し運転だけクローズアップされてしまっているものの、その本質は「世界最高レベルの事故防止技術」です。

 データとして公開されている高速道路の事故原因を見ると、なぜか「居眠り」が出てきません。経験則からすれば、事故原因1位だって不思議じゃありません。

 おそらく「居眠りしていた」と申告しないため、事故原因で圧倒的に多い「前方不注意」や「動静不注意」という別の原因になっているのだと考えます。

 居眠り運転を検出する「ドライバー監視カメラ」と、高精度の自動ブレーキを装備するプロパイロット2.0を使うことにより、高速道路を巡航しているときの事故を90%以上減らせるんじゃないでしょうか。

 プロパイロット2.0について詳しく紹介すると、高速道路の巡航中、プロパイロット2.0を作動しておくと、クルマが高精度のステアリング制御をおこなって車線の中央をキープします(ハンドルは握っていても離していてもOK)。

 居眠り状態になり前方を注視していないとクルマが判定したら、複数かつ多段に渡る警告や警報が出て(最初はやさしく、徐々に厳しく)、ドライバーを起こそうとします。複数回の警告が発せられたら、居眠りであれば必ず起きるでしょう。

 疾病などで意識不明に陥ってしまったら、自動的にハザードを点灯させながら緩いブレーキで緊急停止し、専用オペレーターに自動で接続。ドライバーがオペレーターに対応出来なかった場合、警察と救急車に通報してくれるのです。また、脇見運転に対しても、世界最高性能の自動ブレーキシステムで事故を未然に防げることでしょう。

なんかGT-Rっぽい!? デザインも刷新した新型「スカイライン」を画像でチェック(49枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント