新型アウディR8発表! 限定車「R8 デセニウム」と新型「RS5 スポーツバック」もデビュー

アウディは、限定車「R8 デセニウム」、新型「 R8 クーペ/スパイダー 」、新型「RS5 スポーツバック」を発表しました。

R8の新型車や限定車、そしてA5ベースの新型車まで一斉デビュー

 アウディは2019年8月24日、フラッグシップスポーツモデル「R8」の、V10エンジン搭載モデルのデビュー10周年を記念した限定モデル「R8 デセニウム」とR8の一部仕様、 装備を変更した新型「R8 クーペ/スパイダー V10 performance quattro(パフォーマンス クワトロ)」の受注を開始。さらに8月27日には、A5スポーツバックをベースとした初のRSモデル、新型「RS5 スポーツバック」を発売しました。

「R8」V10エンジン搭載モデルのデビュー10周年を記念した限定モデル「R8 デセニウム」
「R8」V10エンジン搭載モデルのデビュー10周年を記念した限定モデル「R8 デセニウム」

 限定モデルとなるR8 デセニウムは、2006年に4.2リッターエンジンを搭載して登場した初代R8に、2009年、5.2リッターV型10気筒エンジンを搭載する「5.2 FSI quattro(クワトロ)」が追加されてから10年間の成功を称える記念モデルです。

 R8クーペ V10パフォーマンスをベースとし、ラテン語で「10年」を意味する「デセニウム」と命名された同モデルは、世界で222台限定、日本国内では10台限定の販売となります。

 また、同日受注が開始された新型「R8クーペ /スパイダー V10 パフォーマンス クワトロ」は、2016年に2世代目へとモデルチェンジした同車を、さらに大きく進化させたモデルで、アウディの市販モデルとして過去最高の620馬力を発揮する5.2リッターV型10気筒エンジンを搭載。7速Sトロニックトランスミッションが組み合わせられました。

 さらに、A5スポーツバックをベースとした初のRSモデルである新型「RS5 スポーツバック」は、アウディのハイエンドスポーツモデルの開発拠点であるアウディスポーツ社が手がけた、A5シリーズのトップモデルです。

 1994年に初めてのRSモデルが誕生して以来、 今年で25周年を迎える同モデルは、新開発の2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力450馬力、最大トルク600Nmを発揮します。

 価格は、限定モデルR8デセニウムが3091万円(消費税10%込 以下同様)、新型R8クーペが3001万円、アウディ R8 スパイダーが3146万円、新型アウディRS 5 スポーツバックが1263万円(消費税8%込)です。

新型アウディR8と限定モデル、新型RS5スポーツバックを画像で見る (11枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー