世界で1番生産された車トヨタ「カローラ」 半世紀経っても愛され続ける理由とは

1966年に初代が発売されてから半世紀もの間、人々から親しまれているトヨタ「カローラ」。これまでに登場した12代におよぶモデルのなかから、特徴的なモデルをピックアップして紹介します。

歴史に残る人気モデル、エポックメイキングなカローラはどんなクルマだった?

 トヨタ「カローラ」は、1966年に初代が発売されてから、半世紀もの間、ユーザーから親しまれてきました。現在までに発売されているモデルは、12代にも及びます。

 カローラは長い歴史のなかで、どのような変化を経て、現在に至っているのでしょうか。12代のなかでも特徴的だったモデルをピックアップして紹介します。

トヨタ「カローラアクシオ」
トヨタ「カローラアクシオ」

●初代カローラ
 初代カローラは、排気量800ccの「パブリカ」と、1.5リッターの「コロナ」の間にあたる車種として、1966年に発表されました。

 パブリカは高水準な性能でしたが、装備が簡素であったため販売台数は低迷。その失敗を受け、カローラは性能だけではなく品質や快適性、経済性にも力を入れました。

 最大のライバルだった日産「サニー」をはじめ、当時の大衆車の多くは排気量が1リッターであったため、カローラは100ccプラスした排気量1.1リッターとして、「プラス100ccの余裕」というキャッチコピーで発売します。

 発売当初は2ドアセダンのみでしたが、1967年のマイナーチェンジでは4ドアセダンと2ドアバン、後に「トヨグライド」と呼ばれる2速ATを搭載した仕様が設定されました。

●3代目カローラ

「30(さんまる)」の愛称で呼ばれる3代目カローラは、1974年に発売されたモデルです。排出ガス規制や衝突安全性に対応するため、ボディが拡大化されました。

 ボディタイプは従来の2/4ドアセダン、2/4ドアバン、ワゴンに加え、2ドアハードトップと6種類となります。搭載される機構は先代と変わらないものの、改良を重ね3代目の生産末期までに「53年(1978年)規制適合」を達成しました。

 3代目カローラは歴代最多の生産台数となり、車名別の生産台数では世界1位を獲得しています。

●5代目カローラ

 1983年に発売された5代目カローラは、カローラ初となるFF方式を採用しました。FF方式が採用されたのはファミリー系モデルのみで、クーペ系はいままでと同様FR方式とし、スポーツ性を高めました。

 FR方式となったクーペ系のカローラレビンはこの後、型式「AE86」から名付けられた愛称「ハチロク」として人気を博すのです。

 ファミリー系モデルのボディタイプは4ドアセダンと5ドアリフトバックの2種類のみとなっていて、ワゴンは先代の継続販売というかたちがとられました。また、この代のカローラから国内向けにドアミラーを採用しています。

 カローラは5代目が発売された1983年に、当時では日本車初の生産累計1000万台を達成しています。

●6代目カローラ

 6代目カローラは「クラスを超えた世界のハイクオリティ車」として、1987年に発売されました。4代目カローラのステーションワゴンとバンは、セダンより3か月遅れてフルモデルチェンジされます。

 先代の5ドアリフトバックがラインナップ落ちしたことで、6代目カローラは4ドアセダンとステーションワゴン・バンのみとなりました。同年10月にはセダンにフルタイム4WDが追加され、降雪地などでも実用的に使えるような仕様となっています。

 6代目カローラは、こだわりの高品質な装備によりユーザーから評価を得て、なおかつバブル景気と重なったことにより、爆発的なヒットとなります。

 1990年の新車販売台数では30万台を記録し、2010年のプリウスが31万台を記録するまで国産車では最多の販売記録でした。

初代から2019年秋登場の新型まで! 歴代カローラを全部見せます(57枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント