スバル新型「インプレッサ」を発表! 大幅進化した「アイサイト」搭載で2019年秋登場へ

スバルは、新型インプレッサを2019年秋に発売予定と発表し、2019年8月27日に特設サイトを公開しました。また、同日より先行予約も開始しています。

新たに全グレードに装備された新装備とは?

 スバルは、新型インプレッサを2019年秋に発売予定と発表し、2019年8月27日に特設サイトを公開しました。また、同日より先行予約も開始しています。

スバル新型「インプレッサ」
スバル新型「インプレッサ」

 2016年10月にフルモデルチェンジされ、第5世代となる現行型インプレッサは、スバルの次世代プラットフォームである「SUBARU GLOBAL PLATFORM」や、国産車初となる歩行者保護エアバッグなどの新採用が話題となりました。

 また、「2016-2017日本・カー・オブ・ザ・イヤー」や「JNCAP衝突安全性能大賞」を受賞するなど、高い評価を得ています。

 今回、大幅改良が施された新型インプレッサは、外装デザインが刷新されるとともに、走りの質感も向上。

 さらに、高速道路や自動車専用道路での幅広い車速域で、アクセル・ブレーキ・ステアリング操作をアシストする先進機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を全グレードに標準装備するなど、安全性能を一層高めました。

 スバルは、今回の発表にあわせて新型インプレッサの特設サイトを開設。ハッチバックの「スポーツ」とセダンの「G4」からなるグレード体系や、設定されるボディカラーなどを公開しています。

スバル新型「インプレッサ」デザインを一新! 内外装を写真で見る(29枚)

【格安航空券】早いほどお得に!秋・冬旅の売り出し開始

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 頼むからCVTやめてくれねーかな
    この会社が一番CVTの効率の悪さを知っているはずなのに
    クランク軸が普通のエンジンより高い位置にあるのに水平対向は重心低いとか嘘くさいしね
    確かに行程の取りにくい水平対向のトルクの薄さをCVTで誤魔化す意図は分からんでもないがCVTは早々にやめるべきだろ