「メルセデスAMG A35 4マティック」登場 306馬力/400Nmを発生するスポーツモデル

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMGのAクラス・スポーツモデル「A35 4MATIC(4マティック)」を発表しました。2019年8月27日より注文受付を開始、2019年10月以降に納車されます。

「メルセデスAMG 35シリーズ」第一弾となるA35 4マティック

 メルセデス・ベンツ日本は2019年8月27日に、メルセデスAMG「A35 4MATIC(4マティック)」を発表、注文受付を開始しました。納車は2019年10月以降になります。

メルセデスAMG A35 4マティック
メルセデスAMG A35 4マティック

 A35 4マティックは、「メルセデスAMG 35シリーズ」の第一弾となるモデルです。

 メルセデスAMG 35シリーズは、Aクラス/Bクラス/CLAクラスなどの前輪駆動アーキテクチャーモデルに高出力なエンジン、そして四輪駆動システムやシャシ補強、サスペンションセッティングなど高次元のドライビングパフォーマンスを実現しつつ、快適性も損なうことがないように開発されたモデルで、従来の「メルセデスAMG 45シリーズ」よりも廉価な設定となっています。

 A35 4マティックには306馬力/400Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジン「M260型」が搭載され、AMGスピードシフトDCT 7速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされます。

 トルク可変配分四輪駆動システムのAMG 4マティックは、リアアクスルに内蔵された多板クラッチがトルクの前後可変配分をおこない、ハンドリングに何が要求されているのかに応じて前後100:0から50:50までの範囲で変化します。

 フロントにはストラット式サスペンションが採用、ねじり剛性を強化するためにアルミニウムのプレートをエンジン下部に設けています。リアはマルチリンクサスペンションを採用、サブフレームを介してボディにリジッドマウントされています。またオプションで「AMGライドコントロールサスペンション」を用意、快適志向からスポーツ性を強調したモノまで3つのモードから選ぶことができます。

 A35 4マティックには「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」「スリッパリー」「インディビジュアル」と5つのドライブモードが用意されていて、センターコンソールのAMGダイナミックセレクトで選択が可能です。
 
 各ドライブモードでは、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が可能なほか、各モードに自動選択される「ベーシック」「アドバンスト」のふたつのAMGダイナミクスのモードがあり、ESPの制御を変化させます。

 車両価格は628万円(消費税10%込、以下同様)。発売記念特別仕様車として用意された「メルセデスAMG A35 4MATIC エディション1」は743万円です。

 この特別仕様車「メルセデスAMG A35 4MATIC エディション1」は、19インチAMGマルチスポークアルミホイールを採用、外装色はデニムブルー、内装色はマグマグレー/ブラックの2トーンレザーDINAMICAのAMGパフォーマンスシートが採用されます。

 また「ナビゲーションパッケージ」、360度カメラシステム、ヘッドアップディスプレイ、アドバンスドサウンドシステムなどが含まれる「AMGアドバンスドパッケージ」や、AMGライドコントロールサスペンションなどが標準装備されます。

306馬力のホットハッチ メルセデスAMG A35 4マティックを画像で見る(7枚)

【最大88%オフ】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント