人気ジャンルなぜ撤退? マツダとスバルがミニバンをやめた理由とは

かつてマツダとスバルはミニバンを販売していましたが、現在ではラインナップされていません。人気のミニバンカテゴリーから両社が撤退した背景には、どのようなことがあったのでしょうか。

かつてはマツダもスバルもミニバンを販売していた

 いまなお人気の高いクルマのカテゴリーは、多くの人を乗せることができるミニバンです。

 2019年1月から6月の新車販売ランキングを見ても、上位10位までに日産「セレナ」、トヨタ「シエンタ」「ヴォクシー」、ホンダ「フリード」がランクインするなど、日本のミニバン人気の高さが感じられます。

かつてミニバンを販売していたマツダとスバル
かつてミニバンを販売していたマツダとスバル

 ところが、そんな人気のミニバンをラインナップに持たないメーカーがあります。マツダとスバルです。なぜマツダとスバルは、ミニバンを販売しないのでしょうか。

 ドル箱ともいえる人気のミニバンですが、マツダもスバルも興味がないわけではありません。過去には、両社ともミニバンを販売していました。

 マツダは、「MPV」「ビアンテ」「プレマシー」を、ほんの数年前まで販売していたのです。なかでもプレマシーは、日産に「ラフェスタ」としてOEM提供するほどの人気を誇っていました。

 一方、スバルのミニバンといえば「エクシーガ/クロスオーバー7」がありました。スバルは、水平対向エンジンを縦置きにするプラットフォームを全車に使うため、箱型のミニバンが作りにくいという事情があります。

 そこで、ミニバンといっても背の低い5ドア・ボディで3列シートの「エクシーガ/クロスオーバー7」を2018年まで販売していました。これは2000年代に人気があったホンダ「ストリーム」とトヨタ「ウィッシュ」と同じスタイルです。

 ちなみにスバルは、GMと提携していた2000年代前半に、GMからOEM提供されていた「トラヴィック」という箱型のミニバンを販売していた歴史もあります。

 かつてはミニバンを販売していたマツダとスバルですが、最近になって両社ともミニバンの販売をやめています。ただし、マツダは新たに3列シートを備えたSUVの「CX-8」をリリースしました。他人数乗車のニーズに対して大型SUVで応えようというわけです。

 マツダは、ミニバンからSUVに多人数乗車を変更した理由を、次のように説明します。

「CX-8は、“多人数=ミニバン”という概念を打ち破る新たな選択肢として開発した商品です。スライドドアを採用したミニバンボディの場合、スライドドア機構や開口部の大きさなどの理由から、ボディ剛性や重量面が不利となり、デザイン面でも制約があります。

 これに対してマツダは、2012年のSKYACTIV技術や魂動デザインを採用した新世代商品を導入以降、デザインや走り、質感といった領域に一貫して注力しています。

 マツダが新世代商品で目指す“走る歓び”を実現しつつ、多人数乗車のニーズにも応えたマツダらしい3列シートモデルとするためには、CX系をベースにしたSUVボディとするのが望ましいと考えたためです」

※ ※ ※

 最近ではメルセデス・ベンツ「GLE」やBMW「X7」、アウディ「Q7」といった欧州のプレミアムブランドでも3列シートの大型SUVが続々と日本でデビューしています。

 トヨタ「ランドクルーザー」も3列シート仕様が人気があるように、大型SUVの3列シートは、これから人気を集めることになるのではないでしょうか。

ランクル超えの巨大SUV!スバル「アセント」などを画像で見る(43枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント